病院間転院搬送業務

宮崎県美郷町では、町内の医療機関から町外の医療機関へ病院間転院搬送(以下:転院搬送)を行う際に救急車での搬送が必要と判断された場合、転院搬送用に待機している専従の救急隊が搬送を実施しています。

美郷町における119番通報に対応する現場への救急出場では、弊社救急救命士2名と役場職員等2名(運転手並びに活動補助員)の4名で対応しておりますが、町内医療機関からの転院搬送要請の場合、弊社救急救命士2名(運転手1名並びに救急救命業務1名)と要請元の医師もしくは看護師で転院搬送を実施しております。

開始に至った経緯

宮崎支社 美郷救急事業部では、2015年度の救急救命業務受託開始時より「119番通報の救急要請に対する救急救命業務」並びに 「病院間転院搬送中における救急救命業務」を請け負っておりましたが、平日日勤帯における町内医療機関からの転院搬送が出場件数の約5割を占めていたため、2019年度より新たに転院搬送用救急隊を発足しました。それに伴い「病院間転院搬送中における業務における運転(機関員)業務」を新たに請け負い開始致しました。

この体制を執ることで、町内を管轄する現場出場用救急隊を出来る限り町内に留めておくことが可能となりました。

転院搬送用救急隊の出場体制

  • 転院搬送用救急隊(編成:弊社救急救命士2名/搬送元医療機関の医師もしくは看護師)
    • 美郷救急隊(町内医療機関からの転院搬送に対応)
  • 現場出場用救急隊(編成:弊社救急救命士2名/役場職員等2名)
    • 西郷救急隊(管轄:北郷地区・西郷地区)
    • 南郷救急隊(管轄:南郷地区)

転院搬送用救急隊は、町内医療機関からの単独転院搬送依頼に限らず、現場出場用救急隊が町内医療機関に搬送し収容後に転院搬送となった事案に関してもその事案を引継いで転院搬送を行います。この体制を執ることで、現場出場用救急隊は町外に出ることなく次の事案に向け準備を行うことが出来、町内に温存することが可能となりました。

また転院搬送用救急隊は、非常時(複数傷病者事案や交通事故事案など)には現場出場用として切り替えて対応を行う為、現場出場用救急隊と同じ車内設備・資器材を備えています。

左:美郷救急隊(転院搬送用)/ 右:西郷救急隊(現場出場用)

緊急自動車講習

転院搬送業務においては、弊社の救急救命士が救急車の運転(緊急走行)を行う為、専門機関における緊急自動車研修を定期的に受講しているほか、社内における研修・走行訓練を実施し運転技術の維持向上に努めています。

また、救急車に設置されているドライブレコーダーの記録について教育担当者が検証し、必要に応じて運転担当者と教育担当者で注意点について再確認を行うほか、社内会議にて全体で共有をしています。