救急救命業務受託事業

弊社は、常備消防非設置自治体より委託を受け民間の救急救命士が自治体所有の救急車に乗車し救急活動を行う「救急救命業務受託事業」を日本で初めて開始しました。

概要

消防機関が実施している救急業務と同様に、自治体内からの119番通報(救急車要請)に対し救急車で現場に向かい救急救命士が実施することのできる救急救命処置(特定行為を含む)を行いながら、適切な医療機関に搬送(緊急走行)します。また、傷病者の状況に応じて、管轄地区におけるドクターヘリ・ドクターカー・県防災ヘリ・隣接自治体消防本部との連携を図っています。

また、現場出場に限らず、委託元自治体内の医療機関からの転院搬送要請に対する病院間転院搬送業務も実施しています。さらに、救急活動以外にも心肺蘇生法講習会を始めとした応急手当講習会、イベント救護など様々な取り組みを実施しています。

実施地区

  • 宮崎県美郷町(宮崎支社 美郷救急事業部)
    • 現場出場用救急隊 2隊(編成:弊社救急救命士2名/役場職員等2名)
      • 西郷救急隊(管轄:北郷地区・西郷地区)
      • 南郷救急隊(管轄:南郷地区)
    • 転院搬送用救急隊 1隊(編成:弊社救急救命士2名/搬送元医療機関の医師もしくは看護師)
      • 美郷救急隊(町内医療機関からの転院搬送に対応)
  • 徳島県勝浦町(徳島支社 勝浦救急事業部)
    • 救急隊 1隊(編成:弊社救急救命士2名/役場職員2名)

出場体制

メディカルコントロール(MC)体制

メディカルコントロール(MC)とは、病院前救護における医療サービスの質を管理する体制のことを指します。救急現場では救急救命士が救急救命士法に則り救急救命処置を行いますが、医師により指導・管理され、その質が保たれていなければなりません。

病院間転院搬送用救急隊

宮崎県美郷町では、2019年度より転院搬送用救急隊を新たに発足しました。詳細はこちらをご参照下さい

関係機関との連携

その他の取り組み

  • 宮崎美郷町・徳島勝浦町の関係団体に対する心肺蘇生法・応急手当講習会の開催
  • 宮崎美郷町・徳島勝浦町の関係団体に対する救急事案数の抑制に向けた疾病予防等講習会の開催
  • 宮崎美郷町主催のスポーツイベント等の救護活動
  • 宮崎県美郷町の町内ケーブルテレビ放送による心肺蘇生法・応急手当法・疾病予防等の普及活動

開始に至った経緯

日本国内において、救急車の運行は消防機関により実施されることが一般的ですが、地理上・財政上の理由から消防機関を有しない常備消防非設置自治体が全国で29町村(2019年4月末現在)存在しています。この様な常備消防非設置町村の多くでは、住民からの119番通報に対し町役場の職員が中心となり医療行為を行わずに救急車による搬送(緊急走行)のみを行う「役場救急」体制が行われております。

宮崎県の中山間部に位置する美郷町は、消防組織の常備化に向け単独消防本部の設置や近隣自治体との広域組合設立による消防常備化に長年取り組んでおりますが、管轄する広大な面積や設置費用などの点から消防常備化に現在も至っておりません。

居住する地域によって医療サービスの質が異なるということは少なからず存在すると思われますが、その差を少しでも縮めたいという思いを抱いていた弊社と、住民の高齢化が進み今後も救急要請件数が増えていくことが見込まれ救急搬送業務の充実が課題であった美郷町の思いが一致し、度重なる協議を行い2015年6月より日本で初めての取り組みとなる「救急救命業務の民間委託」を開始しました。