沖縄県竹富町と救急救命業務受託に係わる覚書を締結致しました。

2020年1月24日、沖縄県竹富町(以下:竹富町)と日本救急システム株式会社(以下:弊社)は、竹富町内の病院前救急医療体制の充実を目的とした「救急救命業務の民間委託」について2020年度内の業務開始に向けて覚書を締結致しました。

 

(左:弊社代表取締役 白川 透  右:竹富町長 西大舛 髙旬 氏)

概要

竹富町が保有・運行する救急車に、弊社の救急救命士が乗車し、119番通報(救急車要請)に対し救急車で現場に向かい、救急救命士が実施することのできる救急救命処置(特定行為を含む)を行いながら、適切な医療機関に搬送(緊急走行)します。

また傷病者の状況に応じて、管轄地区におけるヘリコプター搬送支援や近隣医療機関との連携を図ります。

(救急救命業務に関しましてはこちらをご参照下さい)

弊社が救急救命業務を受託することにより、救急救命士が救急車に同乗し現場に出場する体制となります。これまでは医療機関到着後から始まっていた医療介入が現場接触時から始まることとなり、住民の皆様へより一層の安心・安全を提供出来る体制となります。

今後の見通し

2020年度内に竹富町・西表島西部地区において病院前救急救命業務を開始予定としています。

 

締結の経緯

竹富町は日本最南端の八重山諸島に属し9つの有人島と7つの無人島を有する島嶼部の自治体であり、その地理的な事情から常備消防(消防署)を設置していない常備消防非設置自治体です。
そのため、火災事案並びに救急事案に対しては町内の消防団が対応し搬送業務のみを行っています。

竹富町は竹富島や西表島など風光明媚な観光資源を多く有しており、現住している町民はもちろん増加する観光客へ対する救急医療の対応が課題となっていました。

そこで同じく常備消防非設置自治体である宮崎県美郷町・徳島県勝浦町より救急救命業務を受託している弊社へご依頼いただき、覚書締結の運びとなりました。

 

お問合せ先

本件に関するお問合せは、弊社担当までお問合せ下さい。

お問合せ先
〇日本救急システム株式会社 竹富救急事業部担当
〇TEL: 0982-60-3731(平日9~17時)
〇E-mail: info@jems.co.jp