各種協定・出向

日本救急システム株式会社は現在下記の通り協定を締結致しております。

宮崎大学医学部附属病院救命救急センター

宮崎大学ドクターカー運用に係る出向協定

宮崎大学医学部附属病院と弊社は、同病院救命救急センター(以下宮崎大学救命センター)が運用するドクターカー(以下宮崎大学ドクターカー)の運用に係る出向協定を締結しております。

弊社社員1名が宮崎大学救命センターへ出向し、宮崎大学ドクターカーが活動する際の運転業務等を実施致します。 なお、本業務は2018年4月2日より開始致しております。

宮崎大学ドクターカーは宮崎大学ドクターヘリの補完活動を行っており、ドクターヘリが飛べない悪天候時や運行休止中(夜間等)に活躍しております。また、出動範囲は宮崎県下全域をカバーしています。

協定締結に至り、宮崎大学ドクターカー運用に関わることが出来ることは大変光栄であります。関係諸機関の皆様には開始に際し多大なるご尽力賜り、改めて御礼申し上げます。また、今後とも御指導御鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

この取り組みは弊社より社員が出向し監督管理は宮崎大学が行っておりますが、お問合せに関しましては弊社 info@jems.co.jp までご連絡をお願い申し上げます。

明治国際医療大学

産学連携に関する包括協定締結

2018年11月30日、弊社社員が非常勤講師として教育に携わらせていただいている救急救命士養成課程を擁する明治国際医療大学(京都府)と弊社との間で、産学連携に関する包括協定を締結いたしました。

本協定は、救急医療の教育研究の発展及び社会貢献に寄与することを目的とし、人材育成や教育研究の連携、産学間での共同研究などに関して相互に協力し、連携を進めていくこととしています。

調印式は明治国際医療大学で行われ、弊社代表取締役の白川ならびに徳島支社勝浦救急事業部の中尾が出席させて頂きました。協定書署名は明治国際医療大学 矢野 忠 学長と弊社代表の白川がそれぞれ協定書に署名いたしました。

今回の協定のもと相互の連携を深め、救急医療教育の発展並びに地域の社会貢献に繋がるよう社員一同尽力して参ります。

現在までの取り組み

弊社から明治国際医療大学への教員派遣

2018年度:客員講師1名/非常勤講師1名
2019年度:常勤助教1名/客員講師2名/非常勤講師3名
2020年度:常勤助教1名/客員講師2名/非常勤講師3名
2021年度:客員教授1名/客員准教授1名/客員講師2名/非常勤講師3名

明治国際医療大学から弊社への救急車同乗研修

2018年度:常勤教員2名の救急車同乗研修実施(各6日間)