【美郷】第3回美郷合同会議を行いました!

こんにちは!

美郷救急事業部西郷救急課の高森です。

まず初めに6月で救急救命業務を宮崎県の美郷町で開始して5年が経ちました。ここまで業務を継続出来たのは皆様のお力添えによるものです。心から感謝申し上げます。

また、私事ではありますが今年の4月で入社3年目。まだまだ救急救命士として一人前とは程遠いですが、日々の業務の中で経験豊富な先輩方のお力を借りながら日々成長しています。

さて、6月23日に今年度3回目となる美郷合同会議を行いました。新型コロナウイルス対策として、弊社ではWeb会議を実施していましたが、6月19日に厚生労働省が提示する対応策の改定に伴い対面式での会議を再開しました。朝の体温測定と会議室入室前後の十分な手洗い消毒。会議室内の換気。全員マスク着用を徹底し会議を行いました。

今回の会議では西郷救急課、南郷救急課における各課出場報告やインシデントの共有、今後の予定の確認などを行いました。また、それぞれ各課で行っている工夫点なども共有しています。その他にも、各課に資器材担当や救助担当など救急だけではなく、個人に与えられている業務の進捗を報告する場にもなっています。

社内のプレゼン発表では長谷川汐里さんからロープ救助についてプレゼンをして頂きました。美郷救急事業部ではロープ救助を社員全員が降下システムを作成し、崖下などへ降下できるよう定期的に訓練を行っています。日々の訓練の内容を現場で確実に実施できるように今回のプレゼンをして頂きました。10月には実際の車両を破壊し車内に取り残された傷病者を救助する訓練を計画しています。初期救助を社員全員が実際の現場で活動できるように時間をかけて訓練計画を作成しています。


話は変わりますが、昼食時間に私の願いが叶う出来事がありました。

私は会社への要望として「週に1回は美郷町の飲食店が作るお弁当の日を作ってください」とお願いをしました。
先日の川口のブログにもありましたが、新型コロナウイルスの影響で美郷町内の飲食店が受けた損害は少なくないと聞いています。そこで微力ながら会社の昼食を美郷町の飲食店にお願いして、少しでも応援できればと考えて提案させて頂きました。社員も快く私の提案に賛同して頂きお弁当を注文することができました。今回注文させて頂いたお店は、「松井旅館」様です。美郷町の西郷にある旅館で宴会の席などでも弊社の社員がお世話になることもあるお店です。お弁当のメニューは写真をご覧ください!チキン南蛮と白米の相性が抜群でお箸が止まりませんでした!(笑)社員全員大満足のお弁当でした!ありがとうございました!

さらに、この場をお借りして私が感激を受けた美郷町のプロジェクトチームを紹介させてください。美郷町では新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店を応援したいと町内の有志が集まりプロジェクトチームが作られました。

プロジェクト名は「コロナに負けない!宮崎県美郷町を美味しく食べよう!みさとテーブルプロジェクト」です。

・多くの方に、美郷町の飲食店を知ってもらいたい!

・多くの方に、美郷町の飲食店に足を運んでもらいたい!!

・多くの方に、美郷町の飲食店の方と触れ合ってもらいたい!!!

みさとテーブル実行委員会と美郷町商工会が連携し美郷町の飲食業で将来使える商品券を販売して皆様からの「応援」をリアルに感じていただきたい!そして、難局を乗り越え、美郷町の地元の素晴らしさを伝えていきたいという願いが込められています。

プロジェクトは先日、目標をはるかに超え完走されましたが、ここには美郷町の飲食店が多数紹介されていますので興味がある方は是非下記リンクからサイトをご覧になられてください!

https://camp-fire.jp/projects/view/273422?list=watched


最後になりますが日本救急システム株式会社はこれからも美郷町と共に歩みを進めていきたいと思っております。美郷町の皆様を応援し、応援されるような会社であり続けるため、日々精進させて頂く所存です。美郷町はコロナに負けない!みんなで乗り切りましょう!

Follow me!