【勝浦】こすもす保育園にて心肺蘇生法講習会を開催しました!

皆さん、こんにちは!
徳島支社 勝浦救急事業部の中尾誠宏です。

梅雨や新型コロナウイルスの感染拡大もあり、中々外に出づらい日々が続いていますね…。
梅雨が明ければ…『夏』!ということでBBQや海水浴等楽しみもたくさんありますが、、現状を考えると不安もありますね💦
勝浦町には「勝浦川」という二級河川が流れており、毎年河川敷で釣りやBBQをしている人達もたくさんいます!新型コロナウイルスが落ち着き、自粛ムードが緩和された際には是非一度遊びに来てみて下さい!!

さて、去る7月8日(水)に勝浦町内にある「勝浦こすもす保育園」にて職員の皆様を対象とした心肺蘇生法講習会を開催し、弊社より浅川、中尾が参加させて頂きました!

実は..こすもす保育園さんでの心肺蘇生法講習会開催は『勝浦救急事業部』が始業した2017年から4年連続での開催!しかも、私中尾は毎年皆勤賞での参加をさせて頂いております。毎年、温かく迎えて下さるこすもす保育園の職員の皆様には感謝が尽きません…!!
美味しいすいか..ごちそうさまでした!!笑

♪毎年使わせて頂いているリズム室♪

※講習会開催につきまして、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1人1体の人形での実技演習、講習会前後の資器材・手指消毒、マスク着用や換気を徹底し、衛生面に十分配慮して実施致しました。


今回の講習会内容は小児・乳児の心肺蘇生法とAEDの使用方法であり、講習会にはこすもす保育園の職員の皆様だけでなく、今年も同じ系列であり町内にある「勝浦みかん保育園」の職員の皆様も参加して下さいました!

今年は例年に比べ少し短めの講習会となりましたが、4年目ということもあり職員の皆様の心肺蘇生法は磨きがかかっており、胸骨圧迫・AEDともにしっかりとした手技でした!それでも「やっぱり年に1回はしっかりやらないと!」と前向きな言葉を口にし、黙々と心肺蘇生法に打込む姿は、まさに『圧巻』そのものでした!

心肺蘇生法を実施するような機会がないのが一番ですが、何かあった際に少しでもスムーズな対応ができるよう、これからも弊社の救急救命士一同、全力でお力添えをしていきたいと思います!

最後になりますが、今回講習会に参加して下さいました「勝浦こすもす保育園」「勝浦みかん保育園」の職員の皆様。お忙しい業務の合間を縫っての参加、本当に有難う御座いました!また来年もご一緒できることを楽しみにしております!!!

Follow me!