【竹富】竹富町立船浦中学校で心肺蘇生法講習会を行いました!

こんにちは!

竹富救急事業部の鈴岡です!
沖縄県に移住して3ヶ月となりました。
最近では、チャンプルーやピーチパインが食卓を飾るのが当たり前になってきました!

梅雨のシーズンでは大雨が続くこともありましたが、
晴れの日には気温が30度を超え、綺麗な景色が広がっています!
新型コロナウイルス感染症の影響もあり、町は地元の人だけで観光客の姿はあまり見かけません。
いつも通りのにぎやかな島に早く戻って欲しいです!


落ち着いた頃に、ぜひ西表島にいらしてください!

去る6月3日(水)に竹富町立船浦中学校で、生徒と教員の皆様を対象とした心肺蘇生法の講習を行いました。
加えて、教員の皆様にはエピペンの使用方法についても講習を行いました。
弊社からは、池宮城、島、鈴岡の3名が講師として参加させていただきました。

※講習会開催につきまして、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、講習会前後の資器材消毒、換気を徹底し、衛生面に十分配慮して実施いたしました。

竹富町立船浦中学校では、毎年体育の授業の一環として心肺蘇生法を取り入れています。
そのため、思い出しながらも皆様には積極的に取り組んでいただけました。
それでも、できることが増えると、また新たに疑問が湧いてくるようで「これは?これは?」と質問が次から次へと止まらず、1時間では足りない位でした。
少しでも疑問が解消でき、自信を持って心肺蘇生法を実施できるようになって頂ければ幸いです。


そのような場面に居合わせることは滅多にないことではありますが、年齢関係なく誰もが正しい心肺蘇生法を実施することができるということが救命率の向上のためには大変重要なことです。

また、心肺蘇生法を実施する際には1人だけではなくその場に居合わせた人同士で協力をして、
救急要請やAEDの手配、絶え間ない胸骨圧迫の実施をする必要があります。

心肺蘇生法を使う場面が来ないことが一番良いことですが、万が一そのような場面に出くわした際に自信をもって心肺蘇生法を実施して頂けるよう、今後も町内における心肺蘇生法の普及に貢献して参りたいと思います。

最後になりますが、この度は心肺蘇生法講習会を実施するにあたりお世話になりました竹富町立船浦中学校教職員の皆様、受講して下さいました生徒・職員の皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました!

Follow me!