【美郷&勝浦】2019年度 第2回全社合同会議を実施しました。

皆さんこんにちは勝浦救急事業部の池宮城です。

去る1月25日(土)に徳島県勝浦町にある救急救命士詰所にて2019年度第2回となる全社合同会議を実施しました。

全社合同会議は、年に数回開催される弊社の全社員が参加する会議で、普段顔を合わせない社員同士が一堂に会し、様々な意見を交換することのできる社内の大きなイベントとなっています。なお、勤務者はスカイプでのWeb参加となっております。今回の会議では新入社員の挨拶や社内の実績報告、社内プレゼンテーション、全社員でのグループワークなど多くの内容がありました。

社内プレゼンテーションでは「産科症例報告」と「産婦人科領域の観察」について症例の共有やそれに付随したレクチャーがありました。産婦人科症例の救急搬送件数は全国的に少なく、1%もありません。なので全社員で症例を振り返り、反省点などを次の機会に活かす必要があります。今回の症例やレクチャーを踏まえ、美郷町・勝浦町の町民の皆様が安心して救急車を利用できるように精進していきたいです。

また、グループワークでは「社内教育について」と題し、「学術指導」、「救急指導」、「救助指導」、「社会人教育指導」の4つに分かれて議論を行いました。社員同士で沢山の意見が飛びかい、どう会社を盛り上げようかと社員一丸となり今後のビジョンを共有することができました。今回のグループワークではファシリテーターというものをさせて頂きました。ファシリテーターとは会議の進行役みたいなものです。私自身、初めての試みでしたが話を聞きだしたり、まとめたりと様々なことが難しいと感じましたが、学ぶべきことも多かったので、これに関しても今後も精進していきたいです。

最後になりましたが、今年度も大きな事故がなく業務を行うことができました。これも町民の皆様、役場職員の皆様、そして各関係機関の皆様の多大なるご尽力のおかげで成り立っております。
改めて感謝を申し上げるとともに、今後とも社員一同、初心の心を忘れずに、日々努力をしてまいりますので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

Follow me!