【勝浦】第43回PBEC in 大阪コースを受講しました。

皆さん、こんにちは!
徳島支社 勝浦救急事業部の中尾誠宏です。

今回は去る1月19日(日)に大阪警察病院にて開催された『第43回PBEC in 大阪コース』に受講生として中尾が、インストラクターとして後藤、浅川が参加させて頂きました。

PBEC(Prehospital Burn Evaluation and Care)は日本熱傷学会が開催主催であり、国内のプレホスピタルにおける熱傷患者の観察・処置・重症度・緊急度判断の向上を目的にコースを開催しています。前々から受講したいコースだったのですが、全国で年間10数回とレアなコース開催なので今回は受講させて頂き本当に嬉しかったです。

コース内では熱傷傷病者の実際の写真などを用いて熱傷に対する観察の仕方、処置、どういった点に注意しなければならないのか?などをインストラクターの皆様が熱心に指導して下さいました。 また、広義の熱傷ということで『化学損傷』『電撃症(雷撃症)』『放射線障害』があるようですが、コース内では薬品による化学損傷や電撃症へのアプローチの仕方も触れており、新しく知る知識もたくさんありました!

現場では中々遭遇する機会の少ない『熱傷』ですが、重要な徴候を見逃すことにより現場で死亡してしまうことにも繋がります。なので、今回のコースで学んだことをしっかりと復習し、そういった徴候を見逃すことのないよう注意していきたいと思います!また、今回のコースでIP(Instructor Potential)を頂いたので、今後は反復して学ぶ機会を増やしていきたいと思います!

最後になりますが、今回コースを運営した下さったスタッフの皆様。指導して下さりましたインストラクターの皆様。共に活動して下さった受講生の皆様。有難う御座いました!今後とも宜しくお願い致します。

Follow me!