【美郷】第93回INARSプロバイダーコースを受講しました!

こんにちは!
美郷救急事業部西郷救急課の鈴岡です。

美郷町はめっきりと冷え込みようになりました。朝方深夜は10℃以下が続き、霜が降りるようになりました。初めは夜露かと思い、フロントガラスのワイパーを動かすと「ジャリジャリ!」と音が鳴り、大変驚きました。道路も凍結することがありますので、美郷町内を運転する際にはお気をつけ下さい。

去る、11月23日に宮崎県立延岡病院においてINARS(アイナース)プロバイダーコースを受講しました。INARSとはImmediate Nursing Assessment Recognition Stabilizationの略です。患者さんの容態変化から増悪や心停止となることを予防する方法を学ぶコースで、看護師を対象に開催されております。

院内心停止の多くでは、心停止に陥る前の数時間以内に何らかの異常を認めたという報告もあります。症状の変化を早期に気付き対応することが、患者さんの負担の軽減につながります。

本コースではシミュレーションを中心に、体系的アプローチ(評価ー認識ー行動)の実施、チームでの協力、情報の共有と報告を行い心停止を回避する方法を身につけていきました。

患者さんの対応する中で、もちろん各個人の知識や技術も大事です。しかし、チームとして情報の共有と的確な報告が、より迅速かつ適切な患者対応に結びつくと感じました。救急現場では情報が錯綜していることも多く、整理して端的な情報として共有と報告できることが、現場活動を適正化かつ迅速化に結びつけると気づくことができました!

最後になりますが、INARSコースインストラクターの皆様、受講生の皆様、大変実りのある1日を過ごすことが出来ましたことに改めて厚く御礼申し上げます。今回の研修で得たものを社内で共有し、今後の現場活動で活かせるよう努力して参りたいと思います。

関係者の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

Follow me!