【勝浦】神戸BLSOに参加させて頂きました!!

皆さん、こんにちは!
徳島支社 勝浦救急事業部の中尾誠宏です。

今回は8月12日(月)に神戸大学医学部附属地域医療活性化センターにて開催された『神戸BLSOプロバイダーコース』にアシスタントとして参加させて頂きました。今回のコースでは日頃から御世話になっている救命救急センターの先生や、私が大学院生の頃に御世話になった沖縄の救急救命士さんとも御一緒できたので、とても印象に残るコースとなりました!!

BLSO(Basic Life Support in Obstetrics)コースは、交通事故などの妊婦外傷を含む病院前の産科救急的対処を強調した、特に産科救急に突然遭遇する可能性がある救急医・救急看護師・救急救命士などを対象とした教育コースです。コースでは 講義と少人数グループによるワークステーションがあり、女性傷病者の評価・分娩介助・分娩第3期(胎児娩出後)の処置・肩甲難産・産後大出血の対処・新生児の処置・蘇生法・救急車内での分娩などの内容を実践しており、今回も【妊産褥婦・新生児対応を医療者のBasicに】をテーマにコースを進めていきました!!

今回の受講生は兵庫県内の消防関係者や病院スタッフの方々であり、コース中も事前勉強を物凄くやってきているのが分かる程優秀な方々ばかりでした!!
僕が初めてBLSOを受講したのは3年前でしたが…思い返しても今回の受講生の方々のように知識は十分ではなかったので、良い意味で焦燥感に駆られました!今後も新しいコースを受講する際は今回の受講生の方々を見習い、しっかりと勉強していきたいと思います!

今回のBLSOの症例検討では、1つの症例を『救急隊』『医療機関』の2つのチームに分かれたうえで、救急隊チームが問診、観察、評価したものを医療機関チームに電話で伝えるという、実際の現場のような流れで実施していました!!救急隊チームはどのようなことを考え観察を進め、医療機関側へ伝えていくのか?、医療機関チームは伝えられた情報からどのような疾患を思い浮かべ、何を準備しなければならないのか?など、とても見どころが多い内容でした!!
私は日頃から救急隊として活動しているので、他の救急隊の方々がどのように観察・病院選定をしているか見ることができ、とても充実した時間となりました!

BLSOは毎回新しいことを学ぶことが出来るコースなので、これからも継続的に参加し多くのことを勉強していきたいと思います。
また、学んだことを社内で共有し、いつ誰が出場しても妊婦さん・赤ちゃんに安心して頂けるような活動ができるよう精進し続けたいと思います!!

最後となりますが、今回のコースを開催するにあたって御尽力頂きましたスタッフの皆様。御指導頂きましたインストラクターの皆様。受講生の皆様。
有難う御座いました。今後とも『日本救急システム株式会社』を宜しくお願い致します!!

普段から大変御世話になっている救命救急センターの先生との一枚。有難う御座いました。

Follow me!