【美郷】第32回うなま地蔵夏まつり/第11回エイサー交流祭みさとの救護活動をおこないました。

皆さんこんにちは。

美郷救急事業部西郷救急課の島 伶弥(しま りょうや)です。

現在、全国的に猛暑に見舞われております。熱中症予防情報サイトでは暑さ指数(WBGT: Wet Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度)が載っています。宮崎県内でも暑さ指数が高い値を示しており、非常に熱中症の危険性が高まっております。熱中症予防には水分と一緒に塩分の補給、適度に涼しい場所で休憩するなどの対策をお願いいたします。また、日頃の健康管理を怠ってしまうと熱中所になる危険がありますので十分注意して生活なさってください。

去る、8月3日には第32回うなま地蔵夏まつりの救護員として参加させていただきました。炎天下でのお祭りでしたので、熱中症に注意しながら巡回していました。幸い大きな事故や病気は無かったので良かったです。また、巡回している最中に町民の方々から温かいお言葉や日頃の感謝などをたくさん頂きました。改めて美郷町で働くことが出来良かったと思います。

今年のうなま地蔵夏まつりは、令和初の祭りということもあり多くのステージが用意されていました。最も印象に残ったステージは、沖縄・北郷子ども会によるエイサーです。子ども達が元気に踊る姿を見てると私も元気をもらうことができました。エイサーのステージには、サッカーを教えに行かせて頂いているFC北郷の子ども達も踊っていました。普段とは違う一面を見ることができました。どのステージも美郷町の伝統を感じることができる非常に良いステージばかりでした。最後には打ち上げ花火が上がりました。私自身小学生以来の打ち上げ花火で、満天の星空の中で上がる花火にとても感動しました。様々なステージを見ることができ、救護員の私たちも楽しませて頂きました。

今回初めて救護の準備や打ち合わせをさせていただきました。去年の反省を参考に打ち合わせが出来たこと、様々な意見を取り入れ実行できたことは良かったです。また、救護において情報の流れを明確にすることの重要性を学ぶことができました。初めてのことで不安もありましたが、祭りそして救護が無事成功して良かったです。

最後になりましたが、祭り主催者の美郷町企画情報課の皆様、各種関係者の皆様、心より感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Follow me!