【美郷】美郷町建設事業安全講習会にて心肺蘇生法講習会を実施致しました!

こんにちは!
美郷救急事業部の長谷川汐里です!

時が過ぎるのは早いですね。
美郷町に来て今年で4度目の夏を迎えます。

東京に住んでいた頃では想像もつかないほど自然を満喫できる美郷町では、青々とした緑に囲まれ、虫や動物たちの鳴き声を聞きながら、外でバーベキュー。なんてことも日常生活となりました。
最近の我が家の休日は、家の前で炭を起こし、今年から始めた家庭菜園で育った採れたてのナスやピーマンを焼いて食べながらゆっくりくつろぐことが定番となっています。
まさか自分が火起こしできるようになるとは!素手で土いじりをするようになるとは!と、自分でもその成長ぶりにびっくりするほど美郷町での暮らしを満喫しています。

暑い日がこれから続きますが、適度な運動と十分な休息、そして栄養バランスのとれた食事を続け、夏バテすることなく今年の夏も楽しく過ごしていきたいと思います!

去る7月11日(木)に、美郷町西郷ニューホープセンターで開催されました「美郷町建設事業安全講習会」にて、心肺蘇生法講習会を実施させて頂きました。
「美郷町建設事業安全講習会」は毎年開催されており、美郷町内の建築会社約19社の方々が集います。
そのような貴重な場で講習会をさせて頂くということで私自身緊張をしておりましたが、皆様が真剣な眼差しで時折メモをとりながら聴いてくださったおかげで大変有意義な講習会となりました。

心肺蘇生法講習会の前には参加者の方々が普段お仕事をされている現場(山林地区)からの119番通報についてのお話しや、
今の時期は熱中症が危険な時期でもありますので、熱中症に関する講義も合わせて実施させて頂きました。

美郷町内は約92%を森林が占めており、救急要請現場が必ずしも電波の通る場所、救急車が進入できる場所、地面が平らな場所…とは限りません。
建築現場からの救急要請となると、そういった特殊な現場であることが想像できますので、私達救急救命士もスイッチを切り替えて活動します。
一刻も早く現場に向かうよりも、必要な情報を聴取し、必要な応援要請を行い、必要な資器材を準備してから現場に向かうことで、結果的に早期搬送に繋がることをお伝えしました。
また、現場のプロは救急救命士ではなくそこで普段から働かれている建築現場の方々です。
活動をスムーズに進めるために、座標の取得方法や誘導員、車両の確保などを現場の方にお願いすることがあることもお伝えしました。

美郷町での救急救命業務活動は決して救急救命士のみでは成り立ちません。
現場に駆けつけてくださる住民の方、ご家族、現場をよく知るプロの方、そういった方々の協力のもと命を繋ぐことができます。
今回は建設事業安全講習会ということで建築会社の方々に直接お話しをさせて頂けましたので、この講習会を活かした現場活動ができればいいなと思っております。

また熱中症に関しても、厚着で炎天下のなか長時間お仕事をされる方々ですので、しっかりとした予防策、初期対応、症状等をお伝えし、緊急時には一刻も早く119番通報して頂くようにお願いをしました。

では最後に「防ごう!熱中症」ということで、このブログをご覧になられている皆様にもお話しさせて頂きます。

熱中症は予防ができます。もし熱中症になってしまっても早い段階で異変に気付き我慢せずに休息をとることで、重症を未然に防ぐことができます。

この暑い夏を健康第一で乗り越えるためにも、ぜひ皆様も予防対策を心掛けてみましょう!

まずは、適度な水分補給です。喉の渇きを感じる前にこまめな水分補給を心掛けましょう。
そして運動中や仕事中、家事をしている最中はこまめに休憩をとり、その休憩もなるべく日陰や涼しい場所でとりましょう。
他にも、睡眠環境を整えることも重要です。
通気性の良い布団に変えてみたり、快適な室温に設定したりすることで十分な睡眠をとることができ、体力もつきます!
このような日頃からの予防が重要ですのでぜひ意識されてみてください!

最後になりますが、毎年このような場での講習会を依頼してくださる御担当者様、この度参加してくださった建設事業会社の皆様、ありがとうございました。

また来年もお会いできることを楽しみにしております。

Follow me!