皆様、こんにちは!

宮崎支社 美郷救急事業部 北郷救急課の濵崎です。

 

突然ですが、皆様はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を毎日どの程度利用されておりますでしょうか?

私が頻繁に利用しているSNSの1つに、LINEというアプリケーションがあります。

LINEはスマートフォンやパソコンに対応したインターネット電話やテキストチャット等の機能を有しており、私がLINEを利用しない日はありません。

そんなLINEですが、先日我が町の公式マスコットキャラクター「みさとちゃん」のスタンプが発売されました!

みさとちゃんスタンプは以前から発売が予告されておりましたので、弊社でも発売と同時に購入し、利用する社員が数多くいました!

私は、プライベート等で社員へメッセージ送信をする際に多用しております!

みさとちゃんスタンプはとても可愛く、宮崎弁などで話す様々な表情のみさとちゃんが楽しめますので、LINEを利用されている方はぜひ検索してみてください!

 

さて、去る平成31219日、美郷町にあります西郷ニューホープセンターにて、平成30年度第2回東臼杵郡学校保健会養護教諭部会が開催され、そのなかで「学校現場での応急手当・対応」に関する講習会を実施させて頂きました。

 

当日はメイン講師として濵崎、サブ講師として南郷救急課の三好が出向かせて頂きました。

 

今回は、講習会の前に各地区の養護教諭の皆様から「応急手当・対応について知りたいこと」のアンケートを記入して頂き、そのアンケート結果に基づいた内容を構成しました。

まず私が感動したことは、アンケート結果の内容がとてもレベルの高いものであったということです。

養護教諭の皆様は、学校内における児童・生徒の保健管理と指導を担当するお立場でありますので、常日頃からの危機管理に対する意識の高さを、アンケート結果からも垣間見ることが出来ました。

 

それだけに、私もスライド作成に熱が入り、要望の声に少しでも多くお応えするため、配布資料の作成や当日のシミュレーション活動の計画等、準備段階から当日を楽しみにしておりました。

 

当日は座学だけでなく、応急手当に関する実技やシミュレーション活動、質疑応答等を行いましたが、養護教諭の皆様はとても熱心に受講してくださり、実技のコーナーでは時間が足りない程に盛り上がりました!

 

我々救急隊にとっても、養護教諭の皆様の存在はとても心強いです。

「このような熱心な先生方のもとで学校生活が送れる子供達は幸せだな」と感じ、今回の講習会に関われて私も大変嬉しく思いました。

 

受講後に頂いた養護教諭の皆様からの感想では、講習会に対する満足度の高い意見が多かったため私としても安心しました。

今後も顔のみえる関係を構築し続け、東臼杵郡における救急医療体制の底上げに少しでも貢献することができれば幸いです。

ご受講頂いた養護教諭の皆様、本当にお疲れ様でした。

 

最後になりますが、講習会開催にあたりご尽力頂いた美郷町役場総務課の皆様、事前打ち合わせから当日の準備までご協力頂いた美郷町内養護教諭の皆様に厚く御礼申し上げます。

 

またこのような講習会が開催できることを楽しみに、日々の業務に励みたいと思います。