皆様、こんにちは。

美郷救急事業部 北郷救急課の加藤です。

 

今年の冬将軍はなかなか手ごわいようですが、お体の調子はいかがですか。

温かい食事が美味しい季節となりましたが、偏った食生活で不健康な生活になっていないでしょうか。

私は学生時代に7年間ほどラグビーをやっていました。好きなものを好きなだけ食べ、毎日練習をし週末には試合をしてという学生生活をしており、体重も最高で110kg程ありました。(現在は80kg程です)

また常に怪我(骨折、捻挫、打撲、腰痛等)をしており体のどこかしらが不便でありました。

そして今は、現役を引退し社会人になり感じていることがあります。それは体に不便がないこと、健康であることがこんなにも素晴らしいことかと日々感じることができることです。

ラグビーを通して学んだことは数多くあり、お世話になった方々には常に感謝の気持ちでいっぱいであります。自分の体には負荷をかけた7年間でありましたので、これからもトレーニングやストレッチをしっかり行い体をいたわりながら健康を維持していこうと考えております。

本格的な冬の寒さとなってきましたので、くれぐれもご自愛ください。

 

去る12月17日、「第9回美郷町救急救命業務事後検証会」に弊社より白川、後藤、中村、濵崎、加藤の5名が参加させていただきました。

美郷町西郷病院にて弊社の救急救命業務が開始させていただいてから、毎月「美郷町救急救命業務事後検証会」が開催されております。

「美郷町救急救命業務事後検証会」では、私たち救急救命士と搬送隊が救急隊として搬送した傷病者の方々の予後や現場における救急活動において、救急隊にもっとできることはなかったか、などの反省を医師、看護師、病院職員を含めた病院側と意見交換を行います。

美郷町は他の消防機関等と比べると救急件数は少ないですが、このように1件1件フィードバックを頂けることにより私たち救急隊の自己研鑽へのモチベーションの向上に繋がるとともに、私にとってはまだまだ勉強不足だと感じさせられる事後検証会であります。

しかし、傷病者を第一とした救急活動の中で、救急隊が工夫したい点や意見を提案した際、病院側に受け止めていただけることを大変ありがたく感じております。

 

最後になりますが、寒さとともに救急件数が多くなる中、毎月事後検証会を開催していただいております西郷病院の皆様、役場職員の皆様に改めて感謝を申し上げます。

今後とも顔の見える関係を継続し、私たちも日々精進して参りたいと考えております。どうぞ宜しくお願いいたします。