皆さんこんにちは。美郷救急事業部北郷救急課の池宮城和哉です。

入社してあっという間に新年を迎えようとしています。皆さんは師走の語源は知っていますか?師走とは12月はお坊さんが走るほど忙しいという説があるそうです。皆さんも大掃除や仕事納めなど、忙しいとは思いますが、頑張っていきましょう。

去る11月18日、美郷町西郷農村改善センターにて「平成30年度美郷ふるさと産業文化祭」が開催されました。
弊社からは川口、中村、池宮城の3名が救護スタッフとして参加させて頂きました。
今年度の美郷ふるさと産業文化祭は大変気持ちの良い秋晴れとなり、終始とても楽しい雰囲気となりました。

美郷ふるさと産業文化祭とは1年に1度、美郷町における数多くの産業が集合する1大イベントです。

農産物の販売会では事前審査があり、各農家自慢の野菜がたくさん並びます。
さらに美郷牛の販売会では、大勢の方々が立ち並ぶほどの人気があります。
最近では鹿肉を使ったジビエ料理や椎茸を使ったなば手羽餃子など美郷町自慢のグルメが数多くあり、それらを堪能できる企画が満載でした。

ステージでは、ファイアーショーやカラオケ大会、種飛ばし大会など様々なイベントが盛りだくさん開催されます。
今回は救護だけでなく救急車展示も合わせて行いました。
子どもから大人まで多くの方が足を止めて下さり、多くの方々に私たちの仕事を知っていただく良い機会となりました。

今回の救護では幸い何事もなく無事終えることができました。

これから年末年始にかけて多くのお祭りやマラソンなど様々なイベントが開催されます。皆様が安心してイベントに参加できるよう、私達もより良い救護を提供できるよう努めていきます。