皆様、こんにちは!

宮崎支社 美郷救急事業部 北郷救急課の濵崎です。

早いもので私も美郷町民歴3年目に突入しました!

弊社に入社して最初の赴任先は南郷救急課で、住まいも南郷地区でした。

現在は北郷救急課員として北郷救急隊・西郷救急隊の一員として従事させて頂いており、また、今年の6月より北郷地区の住まいに引越し、業務だけでなく、プライベート面においても美郷町民の皆様には大変お世話になっております。

そこで、今回のブログでは、美郷町のPRとして、現在美郷町が行っている「移住・定住促進プロジェクト」についてご紹介させて頂きたいと思います!

このプロジェクトは、生産年齢人口減少の対策として、創業支援や企業誘致の推進、様々な産業への新規就業者に対する受入体制の充実、職業体験・インターンシップ(お 試し滞在)の促進等、美郷町と町内産業の魅力発信を図るために行われているものです。

実際に移住・定住促進の拠点施設が整備され、弊社におきましても日本体育大学の学生がインターンシップに訪れた際の宿泊施設として利用させて頂いております。

今年の8月に訪れた日本体育大学の学生からは、「役場職員をはじめとする美郷町民の温かさに感動しました」という感想があがり、この移住・定住促進プロジェクトのおかげ様で弊社でのインターンシップも充実したものになっているのだと、つくづく実感しているところであります。

このブログをご覧になっている方のなかで、「まだ美郷町に行ったことはないけど、気になる!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひこの移住・定住促進プロジェクトを利用されてみてはいかがでしょうか?

 

さて、去る11月5日に、第8回美郷町救急救命業務事後検証会が開催されました。

仕方のないことではありますが、気温が下がり、秋以降は町内の救急出場件数が一気に増加しております。

そのような中で、毎月1症例1症例を細かく事後検証して頂ける環境があることは、大変有難いことです。

具体的には、弊社社員が救急活動についてのプレゼンを行い、それに対して医師・看護師の方からフィードバックを頂く形をとらせて頂いております。

毎回の全体会議の場でも救急救命士だけでの一次検証を行っておりますが、別な立場からのご意見や、医療機関収容後の様子について知ることが出来るのは、大きな学びに繋がります。

また、日頃から顔の見える関係を構築しておくことで、有事の際における活動もより良いものに繋げることが出来ます。

今後も、社員間の成長だけでなく、美郷町の安心・安全の為に自分達が出来ることを日々模索し続けて参ります。

最後になりますが、毎回事後検証の場を提供してくださる西郷病院様、お忙しいなか会議の時間を設けてくださる関係者の皆様に感謝申し上げます。

※添付画像は、美郷町移住・定住促進プロジェクトの一環として整備された、お 試し滞在施設の一部です