皆様、こんにちは。
美郷救急事業部 南郷救急課の加藤です。

寝苦しい夜がつづいておりますが、皆様体調いかがでしょうか?
私は最近、ついに我慢ができなくなって夜寝ている際にもエアコンを使用するようになりました。自宅にいる際は、この暑さですのでもちろん使用しておりましたが、夜はタイマーを使用しておりました。
しかし、最近は夜中にエアコンが止まると暑さで目が覚めるようになってしまいましたので、寝る際には高めの温度設定と風向を直接体にが当たらないように気を付け日頃の体調管理を行っております。
皆様もエアコンや扇風機などを併用し、体調を崩さぬようにお気を付けください。

 

去る7月29日、多くの種類の英語に関する資格試験がある中で、今回私は宮崎県の宮崎国際大学にて開催されました「第232回 TOEIC® Listening & Reading公開テスト」を受験致しました。

TOEICとは、「Test of English for International Communication」の略で、「国際コミュニケーションのための英語力測定試験」を表しております。「TOEIC Listening & Reading Test」は、リスニングセクション[100問・約45分]と、リーディングセクション[100問・75分]から成り、合計200問を2時間で解答します。

昨年より、継続して数回受験させて頂いておりますこの「TOEIC Listening & Reading Test」ですが、最初は問題量の多さに圧倒されておりました。しかし、過去の問題集やテキストをやっていく内に、問題傾向や時間配分などに慣れ、徐々にですが目に見えて点数も上がってきました。

昨年の11月に初めて「TOEIC Listening & Reading Test」を受験させて頂いてから半年が経ちましたが、まだ満足のできる点数は得られておりません。点数だけが全てではないですが自分の努力した結果が、目に見えて評価されるというのは非常にモチベーションの向上に繋がります。結果に対する悔しさがありますので、なぜ結果が出せないなのかの自己分析を行い、問題点を明確にし高得点を取得できるように頑張りたいと思っております。

一般的に「TOEIC Listening & Reading Test」の点数は、学習時間が多くなるほど点数が向上するという結果が出ております。ですので、どれだけ自分が学習時間を確保できるかが重要な部分です。
日々の生活の中でまとまった時間をとるのは難しいですが、朝や就寝前の隙間時間を有効活用し、私の語学力向上が会社の為に繋がっていくように精進していこうと思っております。