皆様、こんにちは。

美郷救急事業部北郷救急課の春山佳毅(はるやま よしたか)です。

入社して早1ヵ月が経とうとしています。徐々に仕事にも慣れてきましたが、まだまだ至らない点も多く日々精進し頑張っております。

私は熊本県の阿蘇市出身です。阿蘇はカルデラという噴火の跡地の中での生活となるため、周囲を見渡せば山に囲まれていました。それが今では、山だけではなく海を身近に感じる事ができる場所におり新鮮な日々を過ごしております!

また最近では、梅雨も明けたため休日に日向市内の美味しいご飯屋を探索し、そのあと伊勢ケ浜海水浴場のビーチを散歩するなどして充実した日々を送っています。ですが、梅雨が明け気温も高くなり熱中症にかかる方も増えてきましたので、普段から水分補給をこまめに行い今年の夏も楽しい季節にしていきましょう!

さて、7月19日に平成30年度第4回美郷町救急救命業務事後検証会を実施させて頂きました。

まず初めに、この事後検証会についての説明をさせて頂きますと、我々救急救命士の行った観察・処置・記録などを各事例ごとに振り返り救急救命士の判断やそれに伴う処置について検証することを目的としています。

弊社につきましては、一次検証と二次検証の二段階での検証体制をとっています。

一次検証につきましては、月ごとに開催される各課全体会議の場で、弊社の救急救命士のみでの検証となっております。この一次検証での内容を踏まえたうえで実施させて頂いております二次検証では、病院の医師と実際に対面し検証させて頂くことで我々救急救命士とはまた違う医学的な立場からご意見をその場で頂いております。

毎月のことながらご多忙の中、検証会にご出席して頂いております関係者の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

美郷町救急救命業務事後検証会では、救急隊が出場した全症例に対して一つひとつ抜け目のないよう検証しております。今回の検証会でも一件ごとに丁寧なフィードバックをして頂きました。

今回、入社し初めて事後検証会へ参加させて頂きましたが、病院の先生方の意見を実際にその場で聞きどの様に改善していていくべきか、また今後その意見を踏まえたうえでどの様な活動にしていくべきかなどを考える良い経験をさせて頂きました。

自分では疑問に思わなかった点も先生方の観点から見て頂くことで気付きも多くあり、私自身学ぶべきことが多くありました。

今後も事後検証会を通して一つひとつの症例を私たち救急救命士と医師・看護師等の方々と検証し、より良い救急救命活動に活かしいていきたいと思います。

最後となりますが、今回の事後検証会に出席して頂いた皆様、ご多忙の中ご都合を合わせて頂きありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。