皆様こんにちは!

宮崎支社 美郷救急事業部 北郷救急課の濵崎です。

先日、宮崎県内で放映されている「で~ちゃんのぶらっと金曜日」という番組で、美郷町南郷地区の特集がありました。

私もちょうど拝見する機会があったので楽しませて頂いたのですが、そのなかで小丸川にて魚釣りをされている様子が放映されていました。

美郷町内には小丸川・五十鈴川・耳川という3つの大きな川が流れており、いずれの川においても魚釣りを楽しむことが出来ます。

私自身、まだこれらの川で実際に魚釣りをしたことがありません。

弊社の救急救命士のなかには魚釣りが大好きな社員もいますので、今年こそは魚釣りをしに川へ出掛けたいと思います。

さて、7月14日(土)に西郷多目的広場にて行われた第10回美郷町消防操法大会にて、北郷救急課の白川・濵崎が救護活動を行いました。

この操法大会は、規律正しい消防技術を練成し、迅速・確実な団体行動を習得するとともに、強固な消防精神を涵養し、あわせて消防ポンプ操法を習熟させ、士気の高揚を図り、もって火災防御上諸般の要求に適応させることを目的として毎年行われております。

私自身、消防操法大会の救護に参加することは今回が初めてでしたが、大会に向けて暑いなか連日訓練されている消防団の様子を拝見しておりましたので、この行事をとても楽しみにしていました。

当日は小型ポンプ積載車操法、小型ポンプ操法の競技が行われ、各分団これまで培われてこられた成果を発揮すべく、懸命に取り組まれておられました。

皆様もご存知の方が多いかとは思いますが、弊社が救急救命業務を行っている美郷町は常備消防非設置自治体であり、火災においては消防団で対応しています。

今回の競技でも、規律正しく進められる消防ポンプ操作と心意気高いお姿に、改めてこの町における消防団の存在の大きさを実感致しました。

とある消防団員の方と競技が終わった後に話した際には、「これで僕たちの夏が終わった、、。」と仰っておられ、この大会に懸ける思いの強さが伝わってきました。

また、各競技上位の隊につきましては、この後行われる日向支部大会へ出場することが決まりました。出場される隊の皆様におきましては、日向支部大会でも頑張って頂きたいと思います。

なお、美郷町消防操法大会当日は気温が高く、大変強く照り付ける日差しのもとに競技が行われましたので、熱中症等の発生が心配されましたが、無事に救護対応”ゼロ”で終えることが出来ました。

消防団員の皆様、本当にお疲れ様でした。今後とも美郷町の安心安全の為の活動を宜しくお願い致します。

最後になりますが、今回この大会に携わらせて頂く機会を整えてくださった美郷町役場総務課をはじめとする大会運営者の皆様に感謝申し上げます。

今後もこのような町内イベントに呼んで頂けるよう、社員一同自己研鑽に励んで参ります。

今回の美郷町消防操法大会も熱い戦いが繰り広げられましたが、2018年の夏は今後も暑い日が続きます。

皆様におかれましては、水分補給や積極的な冷房の使用を心掛けて頂き、熱中症予防に取り組んで頂けたらと思います。