こんにちは。

美郷救急事業部 南郷救急課の加藤です。
日中は汗ばむほどの陽気となり、夏の近いことを実感する季節になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
季節の変わり目となりますので、どうぞご自愛ください。

 

去る4月19日、南郷赤十字奉仕団総会の研修として心肺蘇生法講習をさせて頂きました。
昨年に続きまして講習会を実施する機会を頂いたことに感謝致します。

今回の講習内容ですが心肺停止に関する座学、胸骨圧迫のやり方、AEDの使用方法について講習させていただきました。弊社で行う心肺蘇生法講習の多くは、実際に「ミニアン」と言われる心肺蘇生法の練習用の人形を用い行います。

可能な限り1人1体の「ミニアン」を使用し短い時間でも効率的に胸骨圧迫や人工呼吸、AEDの装着の手技が習得できるよう徹底しております。
今回、まず始めに心肺蘇生法の受講経験の有無をお伺いしたところ、今回ご参加いただきました南郷赤十字奉仕団の皆様のうち、ほとんどの方が受講経験があり大変スムーズに講習会を進めることができました。
しかし、受講経験はあるものの自信を持って心肺蘇生法を行うことができる!という方は多くはなく、今回の講習会は南郷赤十字奉仕団の皆様の良い復習の機会とすることができたと感じております。

もし今、自分の目の前で人が倒れたら、あなたは真っ先に駆けつけることができるでしょうか?

倒れた方にとっては、その時の1分1秒が生死に関わる問題になるかもしれません。また、その人はきっと誰かの家族であり、誰かの大切な人であるでしょう。

命というのはかけがいの無いものだと考えております。

自分の家族や友人、身近な人が倒れた時、助けられるのはそこにいるあなただけかもしれません。

心肺蘇生法講習をまだ受けたことがないという方、もう忘れてしまっているという方はぜひ受講してみてください。

 

最後となりますがこの度、心肺蘇生法講習会のご依頼を頂きました南郷赤十字奉仕団の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。