皆様、こんにちは。
勝浦救急事業部の大谷です。

新年度を迎え、勝浦救急事業部は2年目に入りました。1年目は本当に分からないことだらけで、地域をはじめ多くの皆様に支えて頂きながら、日々の業務を行って参りました。この2年目は、昨年作り上げた土台をさらに強くすることに加え、自身の成長のために様々なチャレンジをして、勝浦町に還元できる様に努力していきたいと思っております。

また、イベント救護や蘇生教育を通じて町民の皆様とお話させていただくと、いつも励ましのお言葉を頂いております。皆様の期待に応えられるよう今後も頑張っていきたいと思います!!

さて、去る4月5日(木)、勝浦病院にて平成30年度第1回事例検討会を開催致しました。3月は暖かい気候が続き、搬送事例も多くはありませんでした。年度が始まって間もない非常にお忙しい時期にご出席頂きました勝浦病院事務、勝浦町役場企画総務課、そして医師の皆様には深く感謝申し上げます。昨年の業務開始以来、毎月欠かすことなく開催できたことで顔を覚えていただき、救命士がどういった業務を行っているのかをご理解いただく機会にもなりました。
今後もできる限り継続して、さらに信頼関係を深めていきたいと考えております。また、事例検討を通して、弊社一同、さらなる業務の質向上を目指していきたいと考えております。

最後になりますが、ご出席頂きました皆様誠にありがとうございました。今後とも忌憚のない意見を皆様から頂き、改善に結びつけていければと考えております。今年度も引き続きご指導のほどよろしくお願い申し上げます。