皆さん、こんにちは!!
美郷救急事業部南郷救急課の平岩です。
早いもので2月が終わり、3月に入りました。
美郷町でも梅の花が徐々に咲き出し、春を感じさせてくれます。南郷水清谷の梅園はとてもきれいだというお話を聞くので、私も見頃になったら行ってみたいと思います。まだ見頃には早いようですが、近くへお越しの際は南郷水清谷の梅園にお立ち寄りください。

2月25日(日)に第21回ロードレースin百済の里が開催され、白川、田之畑、加藤、藤井、三好、河野、平岩で救護を行いました。この大会は、2㎞、3㎞、5㎞、ハーフの競技は分かれ南郷茶屋をスタート・ゴールとして国道388号線 小丸川を周回するコ―スを走ります。今年は昨年より多いエントリー数があり、美郷町内が盛り上がるイベントの1つとなっています。本来この大会は、美郷町の緑あふれる自然の中小丸川のせせらぎを聞き自然をたくさん感じながら走ることのできる大会なのですが、当日は雨で気温も低くあまりいいとは言えないコンディションでした。
私達は美郷町役場消防担当のご協力を頂き、救護本部に救急救命士2名、看護師1名、自転車を使用したモバイル隊5隊で沿道救護を行いました。私は今回救護担当として事前準備から当日の救護体制まで関わらせて頂き改めて思ったことがありました。どんなイベントでも事前準備がとても重要で、それは一人では行えず多くの人の協力があって成り立つことなんだと思いました。美郷町は特に町内のイベントに積極的に参加される方が多く、雨の中でも嫌な顔せず取り組む姿が素晴らしいと思えました。多くのスタッフの協力もあり、ランナーの皆さんはゴールした時たくさんの笑顔を見せてくれました。特に2㎞の部で走った子供たちは雨の中一生懸命走る姿をみせてくれたので、こちらが元気をもらえました。今大会も大きな事故なく無事に終わることができ、救護担当としてはほっとしています。
今年得た経験を活かし、参加者の皆さんのいざという時にお力になれるよう来年に繋げていきたいです。

最後になりましたが、大会主催の美郷町教育委員会・美郷町南郷体育協会の皆様、役場職員を初めスタッフとして参加された皆様、雨の中モバイル隊として一緒に沿道救護してくださった消防担当の皆様に感謝申し上げます。
お疲れ様でした!

P2250004