こんにちは、勝浦救急事業部 古川です。

去る、7月25日に喜楽苑みかんの里にて、勝浦町防災士会対象の心肺蘇生法講習会を開催しました。

勝浦町防災士会の皆様は、防災士としてのスキルの維持向上と会員相互の関係強化を目的に毎月研修会を開催されています。

今回は、先月に引き続き2回目の心肺蘇生法の講習会となりまして、前回の学科・実技の復習を行い、心肺蘇生法からAEDの操作までの一連の流れの実技を通して行いました。
また、倒れた人に遭遇した場合の、実際の対応における注意点についても全員で考える時間を頂きました。
今年度4回目の研修会となり、防災士の皆様には救命士の顔と名前も覚えて頂けて、疑問点などは気軽に質問していただける関係となりました。
私達だけでは対応しきれない災害等の有事の場合に、避難所等で実際に活動に当たられる皆様と顔の見える関係を築いていくことが、新しい土地に来て行っていかなければならないことと考えておりましたので本当に嬉しく思います。この関係をさらに深めていきたいと思います。

万が一の災害発生時に備え、町民の皆様のために常に向上心を持たれ訓練に励まれる防災士の皆様のお姿には心から敬服いたします。
頼れる防災士の皆様が町内各地区にいらっしゃることは、町民の皆様にも大変心強いかと思います。
防災士の皆様との連携強化のためにも、今後も継続して毎月の研修会に参加をさせて頂きたいと思います。

お忙しい中で研修会に参加してくださいました防災士の皆様、喜楽苑職員の皆様、ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA