皆様こんにちは。取締役の後藤です。

最近の美郷町はいよいよ夏本番に向けてぐんぐん気温が上がってきており、25度を超え夏日となることも多くなってきました!!
かと思えば夜間や早朝は5度を下回ったりと寒暖の差が激しく、衣替えのタイミングに悩む今日この頃です。
気温が不安定なこの時期はどうしても体調を崩しやすい次期ですので、どうぞご自愛ください。

 

5月15日(月)に美郷町国民健康保険西郷病院にて開催されました平成29年度第2回美郷町救急救命業務事後検証会に、北郷救急課より白川、田之畑、後藤が、南郷救急課より松下が参加させて頂きました。

美郷町における救急救命業務は北郷地区、南郷地区の2箇所にて実施しており、それらの業務は西郷病院及び南郷診療所の医師によりメディカルコントロール(救急救命活動の検証・事前指示など)を頂いております。
北郷救急課は主に西郷病院に、南郷救急課は南郷診療所に搬送していることから、各課の出場症例事後検証はそれぞれの搬送先医療機関にて実施をして頂いております。

美郷町メディカルコントロール体制の中で西郷病院は統括的な役割を担っていることから、西郷病院で行われる事後検証会では北郷救急課の出場症例事後検証が終了したのち、南郷救急課出場症例にて南郷診療所医師より頂きました検証事項について共有、検討をする時間を設けて頂いております。
この時間を設けていただくことにより、北郷救急課、南郷救急課で出た課題や改善策を両課で共有することが可能となっております。

 

また今回の会議では、新年度になり様々なガイドライン(治療指針)等が変更となった事から、西郷病院医師より事前に頂いている包括的指示の修正等が検討事項として話し合いが行われました。
私達救急救命士が現場で行う医療処置(救急救命処置)は、医師による事前指示(包括的指示)により細かく決められており、それらに従うことによって現場で医療処置を行う事が可能となっています。

しかしながら皆様ご存知の通り医療は日進月歩であり、日々新しい治療方針や指針などが更新されていきます。これらを元に新しい内容の事前指示を頂くことで、更新された新しい方法の観察・処置を現場にて実施することが可能となります。

西郷病院・南郷診療所医師の先生方には日々の業務でお忙しい傍ら、毎回の事後検証会で挙げられた議事について様々な面でご尽力頂いており、大変深く感謝致しております。

今後とも美郷町・勝浦町の病院前救急医療の向上に寄与出来る様、社員一同精進してまいります。

最後となりましたが、お忙しい中会議にご参加頂きました西郷病院医師、看護師、スタッフの皆様、役場職員の皆様、ありがとう御座いました。

P5150149