第31回徳島県メディカルコントロール協議会作業部会に出席しました。

皆様こんにちは。取締役の後藤です。

美郷町はすっかり梅雨も明け、日差しも日に日に強くなり、あっという間に夏模様となりました。

町の子ども達も夏休みに入り、弊社に職場体験に来たり、公園やグラウンドで遊んだり部活に励んだりと宮崎の夏の中で活発に育まれています。

 

昨日7月28日(木)に徳島県立中央病院で開催されました、「第31回徳島県メディカルコントロール協議会・作業部会」に、勝浦町総務課の職員2名と、弊社の白川、古川、後藤の3名でオブザーバー参加させて頂きました。

弊社は徳島県勝浦町での来年度からの救急救命業務民間委託に向けて準備を進めているところであり、今回その中で徳島県メディカルコントロール協議会様や徳島県消防保安課様等の関係諸機関のご厚意により徳島県メディカルコントロール協議会への加入のお願いを申し入れる機会を頂きました。

勝浦町職員と白川より勝浦町での業務の概要と今後の計画をご説明させて頂き、勝浦町の徳島県メディカルコントロール協議会加入に向けたご協議を頂けることとなりました。

メディカルコントロール協議会とは、病院前救急医療における救急活動の指針の策定、救急活動の事後検証、救急隊員の教育などを行うための組織であり、救急活動の質の向上を目的に設置されております。

徳島県メディカルコントロール協議会は、徳島県内全域を管轄する協議会であり、今回の作業部会には8名のメディカルコントロール担当医師、県下13消防本部、県消防保安課、広域医療課などが出席されており、皆様が積極的に病院前救急医療の質向上を目指し活発に話し合っておられました。

勝浦町においても他の地域と同等レベルの病院前救急医療サービスを提供できるよう、体制の構築のみならず一人一人の救急救命士のレベルを上げていけるよう弊社一同鋭意努力して参りたいと思います。

この様な機会を頂きました徳島県メディカルコントロール協議会様ならびに関係諸機関の皆様、大変お忙しい中お時間を頂き本当にありがとうございました。

また今回、勝浦町から最も近い救命救急センターである徳島赤十字病院を訪問させて頂きました。

救命救急センターの先生方やスタッフの方々とご面会させて頂き、弊社の概要や勝浦町で開始する業務の内容を説明させていただきました。また、先方からは徳島赤十字病院についてのご説明を頂きました。

徳島赤十字病院は高度救命救急センターであり、ドクターカー業務を行うなど救急医療にとても力を入れている病院であり、勝浦町から救急車で約20分の距離に、このような病院があることは活動を行う上でとても心強いと感じました。

お忙しい時間の中、御対応頂き誠にありがとうございました。

来年度の業務開始に向けて、勝浦町とともに力を合わせ、よりよいスタートを迎えられるよう今後も準備を進めて参りたいと思います。

 

S__10879002

 

 

Follow me!