こんにちは。長谷川です。

昨日は町の病院である西郷病院との事後検証会でした。

活動記録票を元に事後検証をしていただきました。

活動の概要を救急救命士が説明し、それに対し、ご意見をいただくという形になっています。

月に1度のペースで開いていただき本当に感謝しきれません。

病院側からいただいたご意見を救急救命士と役場で共有し、どんどんいい形になっていけばと思います。

この事後検証会には毎回、役場の消防担当の方も出席していただいており、町のためになるようなことを

どんどんやっていけています。ありがたいことです。

ここまで地域密着な医療を展開できるのは地方ならではだと思います。

病院と役場、そして民間が一丸となってこの美郷町を守っているんだなと実感します。

事後検証会後、今月末に宮崎県内で開催されるJPTEC(交通事故などで怪我をした人に対しての病院に着くまでの対応方法)の講習会に向けた事前勉強会を実施しました。

私たちの会社からはインストラクター1名、テスト参加1名、受講生1名が参加します。

西郷病院の先生も1名参加されるということで一緒に事前勉強会をさせていただきました。

先生以外に近隣の病院の看護師の方も参加され、有意義な訓練となりました。

病院に着くまでの対応ということで救急救命士が前に立たせていただきましたが、病院で働く先生や看護師も

熱心に学ばれ、病院外のことにも積極的な方が多く感動しました。

勉強会は盛り上がり、22時頃まで行いました。

最後には先生から我々に「一緒に頑張りましょう。」とお言葉をいただき、さらにやる気が出てきました!

病院、役場、民間が一丸となり一つの地域の医療を支えていくこの形は、今の日本にとってとても大切な形なのかもしれません。

まだまだやっていかなければならないことも多いですが、一つ一つ乗り越えて、この町にとっていい形を作っていけるように頑張っていきたいです。

P7220020