こんにちは、田之畑です。

本日は日本救急システム株式会社初となるマラソン救護を行いました。

 

マラソン大会においては、熱中症や脱水症、心肺停止など緊急に処置が必要とされる事案が発生することがあります。私たちは自転車でコースを巡回しながらランナーを見守り、声を掛けながら救護活動を行いました。

 

美郷町で行われた百済の里山霧ロードランには約100人のランナーが集まり、雨の中でのマラソン大会となりましたが、ランナーの皆さんの笑顔で楽しんでいる姿や地域の方々の手を振って応援されている姿が印象的でした。

 

今後も美郷町をはじめ、九州各地で多くのマラソン大会が開催されます。

マラソン大会が安全に、より楽しく行えるよう、救護活動を通し皆様をサポートしていきたいと思います。

11728839_389623611237894_9051090516264880896_o