救急救命士の浅川です。

本日の午前中は美郷町の消防団操法大会に救護スタッフとして参加し、午後は南郷で開催された「みさと地域医療塾」に参加してきました。

美郷町は消防署がない自治体ですので、火災があった際は消防団が対応します。今日の操法大会では総勢約280名の消防団員が参加し、みな真剣に迅速に消火活動の操法を行っていました。私たち救急救命士だけでは、火災事案に対応することはできないので、今日の消防団員の操法を見て、いざ火災が起こった際でも適切に対応していただけるという心強さを感じました。

午後に参加した「みさと地域医療塾」では、地域医療をテーマにした講演会や実際に宮崎県北で地域医療をされている先生方の報告、住民を交えた懇親会などがありました。美郷町は平成23年6月に全国で3番目に「美郷町の地域医療を守る条例」を制定し、地域医療にとても力を入れており、このような会を毎年行っています。

宮崎大学医学部地域医療・総合診療医学講座教授の吉村学先生による地域医療についての特別講演では、地域医療のあるべき姿や進むべき方向性を学び大変勉強になりました。

私たちも救急救命士として今後様々な形で美郷町の地域医療に貢献していきたいと感じました。

11695434_850014805085495_5812967049747278597_n