こんにちは、救急救命士の田之畑です。

6月1日から3日まで宮崎県で行われたRQ3SRTー1(スイフトウォーターレスキューテクニシャンレベル1)救命士の浅川と2名で受講してきました。

 

この講習会は洪水時や河川で要救助者が発生した際に救助活動を行う為のものです。

 

1日目は宮崎大学医学部附属病院でスイフトウォーター(急流)レスキューの座学を行い、

2日目と3日目は日向市にある耳川で実際に練習を行いました。

川は海とは違った危険が多く存在します。

現場でパニックになって視界を確保することができず、冷静な判断と行動が遅れた場合、命を落とすことに直結します。そのため、どのように要救助者と接触し危険な場所から離れるか、実際の急流に入り練習を行いました。

急流に乗ってしまった際には、かなりの勢いで岩などの障害物に激突したりそのまま水中に引き込まれたりすることもあります。また動水圧も強く、普段鍛えられている方々7名と集団で固まりながら5メートル先の対岸にいる要救助者への接触を試みましたが、途中で身動きが取れなくなりそのまま流されてしまうこともありました。

ロープワークや現場の統制など慣れないことも多くありましたが、今回の講習会でレスキュアーとして身を持って体験し、川の特徴を知った上で簡単・迅速・安全そして確実な救助活動を行うことの重要性を学びました。

 

残念ながら毎年水難事故は多く起こっています。

自然には逆らえません。しかし、夏の冷たい澄んだ川は最高に気持ちが良いです。

美郷町にも多くの川があるので、今回学んだ事を活かせるようにもっと練習をしていきたい思います。

 

IMG_1621